たるみ治療

通話無料
スマホOK
土日もOK

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

0120-955-935

「夕方になると目尻やほうれい線にファンデーションが溜まっている」
「ファンデーションを塗ると毛穴が目立つ」
「写真に映った自分の顔が鏡で見ている顔より老けていてびっくりした」

このように感じたら、お肌のたるみが進行しているサイン。気づかないうちに徐々に進行していくたるみは、エイジングサインのなかでも特にセルフケアでは改善しにくいトラブルと言えます。

広島中央クリニックでは、切らずにできるたるみ治療や1回の治療でしっかりと結果を出すオペによる治療まで、患者様のお悩みの程度に合わせてさまざまな選択肢をご用意しています。

将来的なたるみを予防したいといったお声から、今起きているたるみを積極的に改善したいといったご要望まで、経験豊富な院長が最適な治療をご提案いたしますので、是非、ご相談ください。

広島中央クリニックのたるみ治療の特徴

たるみは目元や頬、口元、アゴ、首など広範囲で起こりうるエイジングサインです。当院では患者様のご希望をお伺いし、将来的なメンテナンス方法やライフスタイルなどを踏まえ、それぞれのパーツに合った最適な治療をご提供いたします。

たるみ治療は短時間でできる注入治療から本格的な外科手術までさまざまな種類があります。切開が必要な治療はもちろんのこと、一見、手軽に見える注入治療でも医師の適切な診断と経験に基づくレベルの高い技術が求められるのです。

例えば、人気のヒアルロン酸注射。自然な美しさと高い持続性を実現するためには、パーツや肌の状態にあった製剤を選択し、最適な箇所に適正な量を使用する必要があります。

こうした的確な診断と治療をするためには医師の豊富な経験とレベルの高い技術が欠かせません。中央クリニックはグループ全体で常に技術の向上を目指し、定期的な学会への参加や勉強会などを実施。患者様のより高い満足度を追求し続けています。

たるみの種類と原因

目の上のたるみ

目の上のたるみ

加齢によって目元の筋肉が衰えると重力に逆らえなくなった上まぶたの皮膚が下垂し、目の上のたるみが起こります。また、最近では二重まぶた用の化粧品を長期にわたって使用することで、皮膚がダメージを受け目の上のたるみに悩んでいる若い方も増えているようです。

治療法

  • 目の上のたるみ取り(マイクロカット法)
  • 目の上のたるみ取り
  • 目の上のたるみ取り+脂肪除去
  • コメカミリフト

目の下のたるみ

目の下のたるみ

目の上と同様、加齢による筋肉の衰えによる皮膚の下垂がおもな原因です。たるみが起こると眼窩脂肪が突出して、目の下がふくらんで見えます。もともと目元は皮膚が薄いこともあり、たるみがより目立ちやすいと言えるでしょう。早い人では二十代後半から目の下のたるみに悩まされることも。

治療法

  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪注入
  • ヒューマンコラーゲン注入
  • ジュビダームビスタ・ボリューマXC
  • ジュビダームビスタ・ポリフトXC
  • 目の下のたるみ取り
  • 目の下のたるみ取り+脂肪除去
  • PRP再生医療

頰のたるみ

頰のたるみ

頬のたるみは「顔の筋肉である表情筋の衰え」と「肌のハリを維持しているコラーゲンやエラスチンなどの減少」、この2つが大きな原因です。いずれも加齢によって起こるのが一般的ですが、普段からあまり表情を変えないでいると若い方でも表情筋が衰えることがあります。

顔の中でも面積が広い頬は脂肪がつきやすいパーツ。たるみが起こると、脂肪を支えきれなくなって、鼻の下からハの字に広がる「ほうれい線」や口の両脇に刻まれる「マリオネットライン」といった深いシワを引き起こすこともあるため、早めの対処が必要です。

治療法

  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪注入
  • ヒューマンコラーゲン注入
  • ジュビダームビスタ・ボリューマXC
  • ジュビダームビスタ・ポリフトXC
  • ハッピーリフト
  • シルエットリフト
  • シルエットリフト(非吸収糸)
  • リードファインリフト
  • ホホリフト(コメカミ~耳の前)
  • フルフェイスリフト(コメカミ~耳の後)
  • PRP再生医療

あごのたるみ

あごのたるみ

いわゆる「二重あご」もあごのたるみの一種。あごには皮膚や脂肪を支える筋肉や骨がありません。そのため、体重増加や加齢による皮膚の下垂などによって、脂肪が下がるとたるみが目立って見えるのです。

あごのたるみは、若さの象徴である引き締まった輪郭をぼやけさせてしまうため、見た目年齢が一気に上がるエイジングサインと言えます。

治療法

  • ハッピーリフト
  • シルエットリフト
  • シルエットリフト(非吸収糸)
  • リードファインリフト
  • ホホリフト(コメカミ~耳の前)
  • フルフェイスリフト(コメカミ~耳の後)

首のたるみ

首のたるみ

首のたるみも加齢による筋肉や皮膚の衰えが主な原因です。もともと皮膚が薄い首は、たるみが目立ちやすいという特徴があります。また、皮脂腺がなく、乾燥しやすいパーツであることも加齢サインが進みやすい理由のひとつと言えるでしょう。

最近ではスマホの使用など、長時間うつむいた姿勢をとることが多い若い方でも、首のたるみに悩む方が増えています。

治療法

  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪注入
  • ヒューマンコラーゲン注入
  • PRP再生医療

たるみ治療の種類

たるみ治療には、さまざまなアプローチ方法があります。当院では患者様のお肌の状態や治療する箇所、範囲、ご希望の治療方法などにあわせて最適な治療方法をご提案。気になる箇所に薬剤を注入するシンプルな方法から、1回の治療で見た目年齢を大きく変え、若々しい印象を取り戻す方法まで、豊富な経験と高い技術を駆使して患者様のご要望にお答えします。

注入によるたるみ治療

ヒアルロン酸注入

肌にハリをもたらすヒアルロン酸をごく細い注射で注入する方法です。ヒアルロン酸は体にもともとある成分なので、肌に馴染みやすくアレルギー反応などを起こすこともありません。効果の持続は半年から1年程度となっています。

  • ヒアルロン酸注入が適した症状

    目の下のたるみ

    頬のたるみ

    首のたるみ

脂肪注入

ご自身の体から採取した脂肪細胞を精製し、ごく細い注射で注入する方法。注入した脂肪は約半分が吸収されてなくなってしまいますが、残りの半分は定着し半永久的な効果が期待できます。あらかじめ吸収される分を見越して注入することで、1回の治療で満足のいく結果を得ることが可能です。

ご自身の細胞を使用するためアレルギー反応や副作用などの心配はありません。また、感触も柔らかく見た目も自然な仕上がりに。ただし、二の腕や太ももなど脂肪を採取する部分を数ミリ切開する必要があります。治療時間は30分程度です。

  • 脂肪注入が適した症状

    目の下のたるみ

    頬のたるみ

    首のたるみ

ヒューマンコラーゲン注入

人間の線維芽細胞から作られたヒト由来の「ヒューマンコラーゲン」を注入する方法です。サプリメントなどのコラーゲンのように動物由来ではないため、アレルギーテストなどの必要はありません。たるみだけではなく、ちりめんじわも同時に解消できます。効果の持続は半年から1年程度です。

  • ヒューマンコラーゲン注入が適した症状

    目の下のたるみ

    頬のたるみ

    首のたるみ

ジュビダームビスタ・ボリューマXC/ジュビダームビスタ・ポリフトXC

「ジュビダームビスタ・ボリューマXC」と「ジュビダームビスタ・ポリフトXC」はアラガン社のヒアルロン酸製剤。日本の厚生労働省から初めて承認を受けた製品で、なめらかなテクスチャーと自然な仕上がり、持続性の高い効果が特徴となっています。治療時間は10分程度。 効果の持続は個人差がありますが、12~18カ月程度です。

  • 注入が適した症状

    目の下のたるみ

    頬のたるみ

    首のたるみ

PRP再生医療

Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)とは、血液中に含まれる血小板を含む成分。ご自身の血液から採取したPRP(血小板)を濃縮させ、白血球と合わせて注入することで、肌が持つ再生力や自然治癒力を最大限に高め、コラーゲン生成や肌の再生を促します。これによって、たるみを改善する治療方法が「PRP再生医療」です。

血小板には成長因子が豊富に含まれています。さらに白血球は成長因子の働きをサポートする役割を持っているため、この2つを併用することが高い効果を発揮するためのカギとなるのです。 PRP皮膚再生療法では、採取した血小板に不足している成長因子をプラスすることで、これまでのPRP治療とは一線を画した優れた効果を実現しました。

ただし、成長因子の配合比率や注入量などによっては、ふくらみすぎたりしこりが残ってしまうケースがあります。的確な注入量を見きわめるためには、豊富な経験と優れた技術が必不可欠です。たるみ治療の中でも大変、難易度の高い治療方法と言えるでしょう。

このPRP再生医療は幅広いアンチエイジング効果が期待できることから、「若返りの万能注射」とも呼ばれています。最長3年以上という持続期間の長さも大きなメリットとなっています。

  • PRP皮膚再生療法が適した症状

    目の下のたるみ

    頬のたるみ

    首のたるみ

切らないたるみ治療

目の上のたるみ取り(マイクロカット法=埋没法)

埋没法による二重術により、目の上のたるみを改善することが可能です。しかし、まぶたの脂肪や皮下組織が多いと糸が外れやすくなるため、従来の埋没法はエイジングが進んだ目元には不向きと言われています。

「マイクロカット法」は皮膚に1ミリほどの切れ込みを入れ、皮下組織を除去。従来の埋没法よりも深い位置でしっかりと糸を止めることができるため、後戻りがしにくい方法となっています。傷跡はほとんど目立たず、仕上がりはすっきりとしたたるみのない目元に。術後、目立つ腫れは1週間程度で改善します。

  • マイクロカット方が適した症状

    目の上のたるみ

ハッピーリフト

たるみが気になる部分の皮下組織にPLA(ポリ乳酸)とε-カプロラクトンと呼ばれる素材で作られた医療用の特殊な糸を通して肌を引き締め、たるみを解消する治療方法が「ハッピーリフト」です。

ハッピーリフトで使用される糸には毛羽だちのようなトゲがついています。このトゲが一定方向に収縮することで、たるみを強力リフトアップ。さらに糸の周辺に刺激が加わることで、コラーゲンやヒアルロン酸の生成が促進されます。その結果、皮膚の質感も向上し、みずみずしいハリ肌と美しいフェイスラインを同時に実現することができるのです。

ハッピーリフトの糸は縫合用の医療糸としても使用されるもので8~12カ月で吸収され、副作用はありません。ハリ成分の再生によって肌の弾力がアップするので、糸の吸収後も引き締まった肌が継続します。

体に異物を入れるのに抵抗がある方、将来的に超音波や高周波などのエイジング治療を考慮されている方にもおすすめの治療です。

  • ハッピーリフトが適した症状

    アゴのたるみ

    頬のたるみ

シルエットリフト

シルエットリフトは「バイオコーン」という円錐状の素材がついた吸収性のあるポリプロピレンの糸を皮下組織に通してリフトアップする治療方法です。

円錐状のバイオコーンは360°立体的に肌を牽引し、強力にリフティングすることができます。ほうれい線やマリオネットラインといった、たるみに起因するしわの改善に最適な治療と言えるでしょう。

肌の修復作用によるリバイタライジング効果

糸を挿入した際、肌は軽度の損傷を受けます。この損傷を修復する際にコラーゲンやエラスチンが生成され、肌にハリと弾力をもたらします。この修復効果は糸が分解されるプロセスでも継続。糸の周囲にハリ成分が生成されるため、糸が吸収された後も効果が持続します。

糸の挿入は髪の毛で隠れている位置から行うため、傷跡が目立つこともありません。10~12カ月程度で糸は吸収されるため、顔に異物を残したくない方におすすめ。治療時間は40分程度となり、腫れは2~3日で軽減します。

  • シルエットリフトが適した症状

    頬のたるみ

    アゴのたるみ

シルエットリフト(非吸収糸)

立体的な引き上げ効果をもたらすシルエットリフトは非吸収性の糸を使用することもできます。バイオコーンが8~10カ月で吸収されたあとは、非吸収性の糸についているノット(結び目)がリフトアップされた位置を維持。残った糸を再度引き上げることも可能です。

美しい仕上がりを実現するためには、治療前にたるみの修正箇所や必要な糸の本数などを判断し、仕上がりのイメージを精密にデザインをする必要があります。医師の高い技術と判断力、美的センスが要求される施術と言えるでしょう。

中央クリニックでは、インドネシアで開催されたシルエットリフトの学会に参加、さらに海外から専門の講師を招いて勉強会を行うなど、技術の向上と患者様の満足度アップを目指し日々、研鑽を重ねています。

  • シルエットリフト(非吸収糸)が適した症状

    頬のたるみ

    アゴのたるみ

リードファインリフト

美容大国である韓国発祥のたるみ治療が「リードファインリフト」です。 長さや太さが異なる吸収性の糸を使用することで、細部の引き上げや糸を使ったリフティングで難しかった首のたるみにも効果を発揮します。

リードファインリフトは「糸を挿入した際に起こる筋肉の収縮」と「糸の刺激によるコラーゲン生成効果」によって即効性と持続性を実現しました。たるみやしわの改善はもちろんのこと、肌の引き締め、開いた毛穴の改善効果も期待できます。

極細の針と糸を使用するため、従来の糸を使ったリフティング術と比べ、腫れや内出血が少なくダウンタイムが短いことも大きなメリットでしょう。韓国ではショッピングの合間にも受けられるくらい気軽にできることから「ショッピングリフト」とも呼ばれています。

効果の持続は1~2年程度。使用する針の本数は目元のたるみで10本程度、ほうれい線の改善には40本程度が目安となります。

  • リードファインリフトが適した症状

    頬のたるみ

    アゴのたるみ

    首のたるみ

手術による治療

目の上のたるみ取り(切開法のみ)

まぶたが覆いかぶさるようにして起こる、目の上のたるみを改善する治療方法です。

加齢などによって目の上の皮膚がたるむと生まれつきの二重ラインが消えてしまうことがあります。この治療では、元々あった二重のラインや新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開したるみを除去。一重の方はまつ毛の生え際ぎりぎりの部分を切開します。

まぶたの傷はキレイに治りますのでご安心ください。治療後5~7日で抜糸が必要です。目立つ腫れは1~2週間で消失します。

  • 適した症状

    目の上のたるみ

目の上のたるみ取り+脂肪除去

目の上のたるみが進行している場合、切開する方法だけでは症状が改善しないことがあります。その場合、たるみ取りに眼窩脂肪の除去をプラスします。 元々、まぶたが腫れぼったい方や二重のラインが定着しづらい方に適した治療で、同時に左右のバランスを整えることも可能です。

この方法では、まず元々の二重ラインや新しく作りたい二重のラインにそって切開し、たるみを改善します。一重のままをご希望の方は、まつ毛の生え際で皮膚に小さく切開口をつくることも可能です。その後、二重のラインの外側を2ミリほど切開し、脂肪を除去してすっきりした目元に仕上げます。

手術時間は30分程度、まぶたの傷は二重ラインに沿って行うので、ほとんど目立ちません。治療後5~7日で抜糸が必要です。目立つ腫れは1~2週間で消失します。

  • 適した症状

    目の上のたるみ

    目の下のふくらみ

目の下のたるみ取り

目の下のしわやちりめんじわを解消する方法です。まつ毛の下2ミリ程度の箇所を切開し、伸びてしまった余分な皮膚を除去することでたるみを解消します。皮膚のみを処理するため、軽度のたるみに効果的な方法です。

  • 適した症状

    目の下のたるみ

目の下のたるみ取り+脂肪除去

加齢が進むと目の下の皮膚だけではなく眼輪筋が衰えてきます。これらの組織の緩みによって眼窩脂肪が前に押し出されると、目の下がふくらんで見えます。この場合、皮膚だけを処理する方法では症状を改善させることができないため、脂肪除去を合わせて行います。

まず、まつげの下ギリギリで皮膚を少しだけ切開し、皮膚と眼輪筋を剥離させます。 続いて、眼輪筋の下にある脂肪を必要な部分だけ取り除き、眼輪筋を引き上げます。最後に余分な皮膚を切除して縫合し完了です。

脂肪除去によって目の下のふくらみがなくなると、若々しい印象になります。とはいえ、脂肪を取りすぎると涙袋がなくなってしまい、かえって老けて見えてしまうこともあるので適度に脂肪を除去することが大切です。また、下まぶたの皮膚を除去しすぎた場合、まぶたが外側にめくれ、アカンベーをしたような状態になってしまうことも。こうしたトラブルを防ぐためにも医師の高い技術と慎重さ、正確さが求められる施術です。

  • 適した症状

    目の下のたるみ

ホホリフト(コメカミ~耳の前)

頬から口角、フェイスラインまで広範囲のたるみが気になる方におすすめの治療方法。こめかみから耳の前までを切開し、顔の下半分を全体的に引き上げます。

この方法では、皮膚を3~4センチ切開し、たるみが起きている皮膚と筋肉組織を引き上げ余った皮膚を除去して縫合します。傷跡は髪の毛に隠れる部分が多く、ほとんど目立ちません。

広島中央クリニックでは、よりリフティング効果の高い「SMAS(スマス)法」を採用しています。スマスSMAS(superficial musculo-aponeurotic system)とは、顔の筋膜組織のこと。皮膚だけではなく、スマスを合わせて引き上げることで強力なリフティング効果を発揮します。

治療時間は1~2時間程度。腫れや皮下出血は個人差があるものの、1~2週間ほどでおさまります。術後3日間はガーゼを当てて患部を圧迫する必要があります。

  • 適した症状

    頬のたるみ

    アゴのたるみ

    フェイスラインのゆるみ

コメカミリフト

こめかみの近くを切開して目元を引き上げる方法です。頭髪で隠れる部分を切開するため、傷跡は周囲から見て分かりません。傷の範囲が狭く、切開するリフティング術の中では負担が少ない治療と言えるでしょう。

こめかみリフトでは「側頭筋(そくとうきん)」にアプローチします。側頭筋は食べ物を噛むときや会話するときに使う筋肉。まず、切開した部分から側頭筋の筋膜上を目尻の眼輪筋まで剥離させ、皮膚と筋膜を引き上げます。続いて余分な皮膚を除去してから縫合することで目元の下垂や目尻のしわ、目元のたるみを改善します。

目元全体をリフトアップさせることができますが、上下のまぶたのたるみを局所的に解消することはできません。治療時間は90~120分程度、目だつ腫れは5~7日前後で徐々に消失しますが、皮下出血は10日程度残ります。

  • 適した症状

    目元のたるみ

フルフェイスリフト(コメカミ~耳の後)

広範囲のたるみやシワに一度にアプローチできるのが「フルフェイスリフト」です。 側頭部から、耳の前、耳の後まで切開しますが傷跡はほとんど目立たなくなります。

フルフェイスリフトは「SMAS(筋膜)」、「リガメント(靭帯)」、「頬の脂肪」の3つを引き上げて固定することで、顔の下半分から首までをしっかりとリフティングさせます。

リガメント(靭帯)の役割

リガメントとはどんな役割を持っているのでしょうか。顔の皮膚、SMAS、骨は靭帯であるリガメントによって支えられています。ちょうど貝柱のようにそれぞれをつなぎ止めているため、リガメントがある部分はたるみが起きにくく、ない部分はたるみやすいと言えるのです。

広範囲にわたってたるみを引き上げたい場合、引っかかりとなっているリガメントをいったん剥離させる必要があります。フルフェイスリフトでは、皮膚とSMASを引き上げて、剥離させたリガメントを使って再度固定。余分な皮膚を除去して縫合して手術完了です。

リガメントにアプローチすることで、皮膚とSMASだけを引き上げる方法では改善が難しかった口元や鼻の脇のたるみやほうれい線の解消にも効果を発揮します。後戻りがしにくく効果は半永久的です。

治療時間は120分程度、強い腫れは1週間前後で消失します。内出血は10日前後残ります。

  • 適した症状

    頬のたるみ

    首のたるみ

    フェイスラインのゆるみ

施術の流れ

STEP1お電話・メールでご予約

お電話またはメールでカウンセリングのご予約をお願いいたします。
当院は完全予約制となっており、プライバシー厳守により待合室も仕切られているので、
他の患者さまと顔を合わせないように配慮しております。

STEP2カウンセリング・診察

患者さまのご要望やお悩みをカウンセラーがお伺いいたします。また、院長が患者さまの施術内容について、しっかりと納得していただけるまで丁寧にご説明します。
美容医療について間違った知識をお持ちの方も多い為、 医療機関である当院での治療について丁寧にご説明いたします。

STEP3費用のご案内・お支払い手続き

院長の診断結果と申し送り内容に基づきカウンセラーが施術内容や費用等を詳しくご説明します。
現金の他、クレジットカードや分割払い(医療ローン)でのお支払いも承っています。

STEP4施術

最新の医療機器が整った完全個室の施術室で、院長・看護師が施術をいたします。
手術室は、衛生管理や安全面に細心の注意を行っています。

STEP5アフターケア

施術後には、治療後の過ごし方やアフターケアについてご案内いたします。
ご不安なことがあれば、いつでもご相談や診察を承ります。

治療の費用

手術
ハッピーリフト 50,000
シルエットリスト 80,000
リードファインリフト 150,000
300,000
フェイスリフト 900,000
700,000
こめかみリフト 400,000
注射・その他
ジュビダームビスタ・ボリューマXC
ジュビダームビスタ・ポリフトXC
80,000
ヒアルロン酸 60,000
ボトックス ニューロノックス 20,000
30,000
ボトックス VISTA 40,000
50,000
PRP
PRP 150,000
麻酔
全身麻酔 100,000
クリーム麻酔 2,000
テープ麻酔 2,000
リラックス麻酔 50,000

※表示の料金はすべて税別です。

たるみ治療に関するよくある質問

治療後、どれくらいで腫れは治まりますか?

治療方法や患者様の体質によって異なります。

また、顔の場合、腫れの起こりやすさは部位によっても異なります。額や目の周りは荒れやすく、口の周りは腫れが起こりにくいと言えます。

目立つ腫れや内出血などがおさまるまでのダウンタイムの長さや症状についても、治療前の無料カウンセリングで詳しくご説明いたします。カウンセリング前に知りたいという方はメールやお電話でお問い合わせください。

注射剤による副作用はありますか?

注射による副作用はかなり低いと言えますが、まったくないとは言い切れません。

ただし、当クリニックでは重い副作用が出るような治療方法は行なっておりませんので、ご安心ください。

また、副作用とは別に治療後に腫れやむくみ内出血、痛みが一時的に起こることがあります。こちらは程度の差はあれど、どんな治療でも起こりうることであり一時的なものです。このようなリスクも事前に説明させていただきますので、ご不安な点があれば、どんなことでもお尋ねください。

ほうれい線が気になっていますが、どの治療法が適しているのか教えてもらえますか?

ほうれい線の改善には以下のような治療方法があります。

  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪注入
  • ヒューマンコラーゲン注入
  • ジュビダームビスタ・ボリューマXC
  • ジュビダームビスタ・ポリフトXC
  • ハッピーリフト
  • シルエットリフト
  • シルエットリフト(非吸収糸)
  • リードファインリフト
  • ホホリフト(コメカミ~耳の前)
  • フルフェイスリフト(コメカミ~耳の後)
  • PRP再生医療

まず、無料カウンセリングにて、ほうれい線の深さやたるみの状態、肌質を拝見させていただきます。その上でご希望の治療方法や効果の持続期間、ご予算、将来的に試してみたい治療方法などをお伺いし、お一人おひとりに最適な治療方法をご提案いたします。是非、一度無料カウンセリングにて、ご相談ください。

ヒアルロン酸の価格に差があるはどうしてでしょうか?

効果の持続期間、製造メーカーなどによってヒアルロン酸製剤の価格は異なります。

ひとことでヒアルロン酸と言っても分子の大きさやテクスチャーはさまざま。使用するパーツごとによっても、それぞれ適した製品があり、価格も違ってきます。また、美容外科の施術はいずれも自費診療であるため、クリニックによって価格設定に差が出ることがあるのです。

当院では信頼できるメーカーのヒアルロン酸のみを使用しています。価格だけで決めるのではなく、お悩みの内容やメンテナンスサイクルを考慮して最適なヒアルロン酸を選ぶことが高い満足度につながると言えるでしょう。

糸を使ったたるみ治療をしていますが、治療は受けることはできますか?

はい。ほとんどの治療を受けていただくことができます。

カウンセリングの際に治療名、治療を受けた時期などをお知らせください。

監修医師 杉江善哉 広島中央クリニック

監修医師 杉江善哉
広島中央クリニック院長

  • 平成4年 東京慈恵医科大学卒業
  • 平成4年~平成5年 東京慈恵会医科大学付属病院  勤務
  • 平成5年~平成17年 大手美容外科勤務
  • 平成18年~ 広島中央クリニック 院長に就任
  • 平成24年 日本美容外科学会美容外科専門医

私たち広島中央クリニックでは、「痛くない」「怖くない」「恥ずかしくない」治療を目指し、様々な 取り組みを行っています。患者様が満足する施術結果を残すことはもはや当然のことであり、むしろ、当院のドアをくぐったとき から退院までのプロセスで、いかに患者様の不安を解消し、安心して新しい自分と向き合うことがで きるかを常に考えた治療・カウンセリングを行うことが重要であると私たちは考えているのです。

Contact

まずは、無料カウンセリングで最適な治療法をご確認ください。

【お電話でのご予約・お問い合せ】

0120-955-935

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

中央クリニックグループ
  • 中央クリニックグループ外観4
  • 中央クリニックグループ外観1
  • 中央クリニックグループ外観3
中央クリニックグループについて
全国のみなさまの悩みに寄り添い30年以上
MAKE HAPPY AND BEAUTIFUL

全国19院、みなさまに愛され続けて30年以の中央クリニックでは経験豊富な医師のみが治療を行います。カウンセリングから治療、アフターフォローまで一人の医師が責任をもって担当いたしますので、ご安心ください。 料金は表示料金以外、一切かかりません。また、転居をされた場合も全国の中央クリニックでアフターケアを受けていただくことが可能です。