傷跡治療

通話無料
スマホOK
土日もOK

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

0120-955-935

近年、増えているご相談のひとつに体に残った傷跡のお悩みがあります。

「リストカット跡が残っていて周りの人に気づかれないか心配」
「温泉やプールで根性焼き跡がある肌を出すのをためらってしまう」
「傷を目にするたび辛い過去を思い出してしまう」
「目立つ帝王切開跡をなんとかしたい」
「就活前に大きなピアス穴をふさぎたい」

体の目立つ部分に傷跡があると他人からの視線が気になって、日常生活を楽しめなくなってしまいます。また、傷の形状によっては就職や結婚など社会的に不利になる可能性もゼロではありません。

残念ながら、このような傷跡を元の状態に戻すことはできませんが、医師の的確な診断と高い技術力によって傷跡を目立たなくし本来の肌の状態に近づけたり、ケガや火傷など不可抗力でできた傷のように見た目を変化させることは可能です。

気になる傷跡を修正し、人生を前向きに生きられるようになったという患者様も多くいらっしゃいます。周りの人に相談することができずお悩みの方は、是非当院にご相談ください。

広島中央クリニックの傷跡治療の特徴

広島中央クリニックでは患者様が「傷跡を気にすることなく、前向きな気持ちで生活することができる」ためのお手伝いをすることが、傷跡治療の目的のひとつであると考えています。

満足度の高い結果を得るために、まずはカウンセリングにて傷跡を拝見し、傷の状態、患者様の肌質を詳しく診断。ご予算や目安となる治療期間など患者様のご希望をお伺いした上で、最適な治療方法をご提案いたします。

広島中央クリニックでは、傷跡治療の選択肢として以下の治療方法をご用意しています。

  • エルビウムヤグレーザー
  • フラクショナルレーザー
  • ケナコルト注射
  • 剥削除去法
  • 切除法(切除縫縮法)
  • PRP再生医療法

当院では美容外科・形成外科における25年の経験を持つ院長が高い技術を駆使して、患者様に笑顔を取り戻すお手伝いをさせていただきます。傷跡治療はアフターケアも非常に重要ですが、当院では再診料やアフターケアに関する費用などは一切かかりませんのでご安心ください。

傷跡の種類

ひとことで傷跡と言っても、様々なタイプがあります。 例えば、自傷行為によるリストカットの跡や根性焼きの跡、帝王切開やケガや事故による傷跡。ピアスの穴を閉じたり、ピアスを引っ掛けたときにできた裂傷(皮膚が裂けてしまうこと)の治療も傷跡治療に含まれます。

ケガや事故による傷跡は、応急処置のためにおおまかに縫合されていることもあり、時間の経過とともに傷の形状が気になるということも多いようです。

どのようなタイプでも、傷跡の種類やお肌の状態、患者様の肌質に適した治療を行うことが大切と言えるでしょう。

根性焼き跡

根性焼き跡

自分の強さをアピールするためにつける「根性焼き」。タバコによるやけど跡が数カ所にわたってできていることが多いお悩みです。

個人差があるものの、根性焼き跡に適した治療として挙げられるのは

  • レーザー治療(エルビウムヤグレーザとフラクショナルレーザー)
  • 切除法(切除縫縮法)

の2つになります。

いずれも完全に跡を消すことはできませんが、根性焼きの跡だとは誰も思わなくなるでしょう。

リストカット跡

リストカット跡

自傷行為によるリストカット跡は比較的女性の患者様に多い症状です。直線状の傷はリストカット跡と分かりやすく、消極的な気持ちになっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
傷跡の範囲にもよりますが、リストカット跡の治療には以下の2つのいずれかをお勧めしております。どちらもリストカット跡とは分からなくなるでしょう。

  • レーザー治療(エルビウムヤグレーザとフラクショナルレーザー)
  • 切除法(切除縫縮法)

帝王切開跡

帝王切開跡

帝王切開の方法には横切開と縦切開があります。縦切開は手術時の視野を確保しやすく、赤ちゃんの安全を考えて選択されることが多い方法ですが、横切開よりも傷跡が目立ちやすくなる傾向があります。

出産時の縫合は形成的な配慮があまりされずに行われるためか、段差になっていたり、皮膚がケロイド状に盛り上がって見えることも少なくありません。

傷跡が気になっても「元気な赤ちゃんが生まれたのだから傷跡は諦めるべき」とご自分を納得させていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。実際に帝王切開の傷跡についてのご相談はとても多く、当院では以下の治療方法をご提案しています。

  • ケナコルト注射
  • 切除法(切除縫縮法)

ケガによる傷跡

ケガによる傷跡

ケガによる傷跡は止血目的のため、応急処置として一般外科で縫合されることが多く、場合によっては目立つ傷跡になってしまうことがあります。傷の盛り上がりや引きつれになるという方もいらっしゃるでしょう。

ケガによる傷跡の治療として適しているのは、以下の方法です。

  • レーザー治療
  • 切除法
  • 縫合法
  • ケナコルト注射

ケナコルト注射はケロイド状になった傷跡の盛り上がりを抑える注射で、帝王切開の傷跡の治療にも用いられる方法です。手術による治療の前にケナコルト注射を使用することもあります。ただし、小さい傷跡に使用すると傷跡が陥没して却って目立ってしまう可能性があります。医師の適切な診断による慎重な投与が必要な治療方法と言えるでしょう。

ピアスの穴の跡

ピアスの穴の跡

耳たぶや体に開けた大きなピアスホールは就職や結婚など、社会生活に支障をきたすことがあります。

このようなピアスの穴閉じに適しているのは、「縫合法」です。皮膚を縫い合わせるシンプルな方法ではありますが、術後の皮膚の変化を想定して、慎重に縫合を行う必要があります。他の治療方法と同様、熟練した技術を持つ医師を選んで治療を受けるべきでしょう。

  • 縫合法

傷跡治療の種類

当院の傷跡治療の種類は大きく分けてレーザーによる治療、外科手術による治療、ケナコルト注射の3種類です。

  • レーザー治療

    エルビウムヤグレーザ

    フラクショナルレーザー

  • 外科手術による治療

    切除法(切除縫縮法)

    剥削法

    縫合法

  • その他

    ケナコルト注射

また、この3つに加えてPRP再生医療治療を追加するケースもあります。直接的な治療ではではありませんが、傷跡治療の回復を早めて治療期間を短縮したり、治療跡をより美しく仕上げるために有効です。

レーザー治療法

傷跡の種類や肌質によって2種類のレーザーを使い分けています。

エルビウムヤグレーザー

生体内の水分に強く反応する2940nmの波長のレーザー。傷跡部分の皮膚を薄く削り、修正する方法で「アブレーション」と呼ばれることもあります。

エルビウムヤグレーザーは水分に反応して、傷跡部分の皮膚を蒸散させることができます。凝固層ができにくく、周辺の正常な皮膚で起こる温度上昇が最低限で済むことから、色素沈着などの跡が残りにくく、術後の赤みも早く引くレーザーです。 リストカットや根性焼きの範囲が広く、切開法が適さない場合などに選択します。

施術時間
約5〜30分 傷跡の大きさによって異なります
施術回数
通常1回で完了します
麻酔
局所麻酔または麻酔クリームを使用します
施術後~治療完了まで (目安)
3日目頃:かさぶたができ始める
2週間~3週間目頃:かさぶたが自然にはがれる
3週間~3ヶ月目頃:徐々に傷跡の赤みもひき、傷が白くなる。術前よりも平らな状態に

【治療完了までの期間】
約3~6ヶ月

術後の注意事項

  • 【入浴】

    患部を濡らさなければ、施術当日からシャワー、洗顔が可能

  • 【処方】

    軟膏

  • 【アフターケア】

    約1週間はガーゼ保護が必要。小さな傷跡はテープで保護します

  • 【生活面での注意】

    当日の飲酒、運動は避けてください。また、治療直後の喫煙もお控えいただきます。かさぶたを引っ掻いたり剥がしたりすると後に残りやすくなるので自然に剥がれ落ちるのを待ってください。また、傷跡が紫外線に当たらないように注意する必要があります。

フラクショナルレーザー

皮膚の表面にミクロ単位の穴を開けます。新たにできたこの穴の傷が治る過程でコラーゲンや皮膚の組織が再生され、傷跡が縮まって目立たなくなります。

施術時間
約1時間
施術回数
1回 。傷跡の状態によって複数回治療が必要な場合や適応外となることも
麻酔
局所麻酔または麻酔クリームを使用
施術後~治療完了まで (目安)
施術当日~約2日目頃:治療直後は腫れ、赤みが強く出ます
3日目頃:徐々に赤みや腫れがおさまり、薄いかさぶたを形成します
7日目頃~:かさぶたが剥がれて、新しいピンク色の肌が現れます
腫れや赤みもひき、傷が白くなっていきます

【治療完了までの期間】
赤みが消えるまで約3~6ヶ月

術後の注意事項

  • 【入浴】

    患部を濡らさなければ、施術翌日からシャワー可能です。

  • 【アフターケア】

    術後は包帯での保護が必要です。翌日以降は傷の大きさによってガーゼやテープを交換していただきます。かさぶたは強くこすったり、引っかいたりすると色素沈着が起こりやすくなるため自然に剥がれ落ちるのを待ってください。また紫外線対策も重要です。

切除法(切除縫縮法)

切除法には「切除法(切除縫縮法)」と「縫合法」があります。

切除法

大きい傷跡や膨らみや凹みのある傷跡部分の皮膚を切り取ってから縫合する方法。血管や神経に障害が起こらない範囲で行う必要があります。皮膚がある程度伸びる場合、一度の手術で切除することができますが、傷の範囲が広い場合などは、半年以上期間をあけて再度切除を行う「分割切除」を行うことも。

当院ではより傷跡を目立たなくするために、皮膚の再生治療であるPRP再生医療との併用をお勧めしています。

施術時間
約1時間 傷の大きさによって異なります
施術回数
1回 傷の大きさによって異なります
麻酔
局所麻酔
施術後~治療完了まで (目安)
術後1週間:抜糸を行います。抜糸後は赤みも軽減し傷が白くなっていきます

【治療完了までの期間】
約3~6ヶ月 (傷跡の大きさによって異なります)

術後の注意事項

  • 【入浴】

    患部を濡らさなければ、施術翌日からシャワー可能。湯船入浴は抜糸後に可能。

  • 【アフターケア】

    術後包帯で保護する必要があります。翌日以降は、傷の大きさに合わせてガーゼやテープなどをご自身で交換していただきます。

縫合法

大きなピアスホールを塞ぐ場合やピアスホールが伸びて耳たぶが裂けたようになった傷跡の治療には縫合法を採用します。

その名の通り皮膚を縫い合わせるのが縫合法ですが、ただ皮膚を寄せて縫い合わせるだけではひきつれやへこみができて耳たぶの形が変わってしまうことがあります。

穴を塞いだことや縫合したことが、一見分からないくらいキレイに治すためには術後に起こる皮膚の変化を想定して縫合する必要があり、豊富な治療経験と高いレベルの手技が求められます。

施術時間
約10~15分 大きさによって異なります
施術回数
1回
麻酔
局所麻酔
施術後~治療完了まで (目安)
術後1週間:術後はガーゼを当てて保護し、1週間で抜糸。抜糸後はわずかに赤みがありますが、徐々に消失します

【治療完了までの期間】
約6~12ヶ月 しこりや赤みが完全に消失するまで約1年

術後の注意事項

  • 【入浴】

    患部を濡らさなければ、施術当日からシャワー可能。湯船入浴は抜糸後に可能。

  • 【アフターケア】

    術後ガーゼで保護します。翌日以降はガーゼをご自身で交換していただきます。

剥削法

傷のできている皮膚の表面を薄く削り取るのが「剥削(はくさく)法」です。傷跡が盛り上がっているようなケースでこの治療法を選択することがあります。

剥削法の治療後の表面はやけどができたような状態になります。1~2週間で傷が乾き、さらに2~3カ月経つとやけどの跡の状態に変化。その後、時間の経過とともに傷跡は薄くなっていきますが、完全に消えることはありません。傷跡が目立ちやすい肌の色の白い方には不向きと言えるでしょう。

皮膚を削った箇所は乾燥すると痛みが出やすくなります。施術後は傷口を乾かさないようにする専用の被膜剤でカバーし痛みの発生を抑え、鎮痛剤の内服薬を併用します。痛みを我慢せずに鎮痛剤を服用いただければ、術後の日常生活に与える影響もほとんどないでしょう。

施術時間
約1時間 傷の大きさによって異なります
施術回数
1回
麻酔
局所麻酔
施術後~治療完了まで (目安)
術後1週間:腫れが1週間程度続きます。1週間後に被膜剤の交換を行います

【治療完了までの期間】
約2~3ヶ月

術後の注意事項

  • 【入浴】

    患部を濡らさなければ、施術翌日からシャワー可能。入浴は1~2週間後より可能です

  • 【アフターケア】

    術後、被膜剤で保護し1週間後に交換

  • 【生活面での注意】

    当日から被膜剤を交換するまで、飲酒、運動は禁止となります。患部を紫外線に当てないよう、ご注意ください

施術の流れ

STEP1お電話・メールでご予約

お電話またはメールでカウンセリングのご予約をお願いいたします。
当院は完全予約制となっており、プライバシー厳守により待合室も仕切られているので、
他の患者さまと顔を合わせないように配慮しております。

STEP2カウンセリング・診察

患者さまのご要望やお悩みをカウンセラーがお伺いいたします。また、院長が患者さまの施術内容について、しっかりと納得していただけるまで丁寧にご説明します。
美容医療について間違った知識をお持ちの方も多い為、 医療機関である当院での治療について丁寧にご説明いたします。

STEP3費用のご案内・お支払い手続き

院長の診断結果と申し送り内容に基づきカウンセラーが施術内容や費用等を詳しくご説明します。
現金の他、クレジットカードや分割払い(医療ローン)でのお支払いも承っています。

STEP4施術

最新の医療機器が整った完全個室の施術室で、院長・看護師が施術をいたします。
手術室は、衛生管理や安全面に細心の注意を行っています。

STEP5アフターケア

施術後には、治療後の過ごし方やアフターケアについてご案内いたします。
ご不安なことがあれば、いつでもご相談や診察を承ります。

治療の費用

レーザー治療
ヤグレーザー 5,000
アクションツー 5,000
フラクショナルレーザー 5,000
剥削(はくさく)
剥削(はくさく) 30,000
切除
切除 40,000
麻酔
全身麻酔 100,000
リラックス麻酔 50,000
クリーム麻酔 2,000
テープ麻酔 2,000

※表示の料金はすべて税別です。

傷跡治療に関するよくある質問

日帰りで治療を受けることができますか?

はい。どの方法も日帰りで治療可能です。

治療のため何回も通院する必要がありますか?

傷跡の状態、治療方法によって異なります。

大きな傷跡は数回に分けて治療を行う場合があります。また、治療後1週間程度で抜糸や保護剤の交換を行う必要がある治療方法もあります。詳しくはお電話やメール、無料のカウンセリングでお尋ねください。

治療の際、痛みはありますか?

治療時は局所麻酔やクリームの麻酔を使用するため痛みはありません。

治療後も麻酔が効いている間は痛みはありませんが、麻酔が切れてから痛みが感じることがあります。麻酔が切れてから痛みを感じることがありますが、処方する鎮痛剤をお飲みいただければ治療後の生活に影響はないでしょう。

だいぶ昔の傷跡でも治療してもらえますか?

古い傷も治療可能です。

ただし傷跡の原因や種類、肌の状態、傷跡の範囲などによって治療方法は異なり、満足のいく結果になるまでには、複数回治療が必要になる可能性もあります。まずは無料カウンセリングにて傷の状態を確認させて頂いてから、 詳しくご説明させていただきます。

他院で完全に消すことができなかった傷跡も治療してもらえますか?

傷跡を完全に消すことはかなり難しいのが実状です。

ただし、治療によって傷跡を目立たなくしたり、傷跡の見た目を変えることは可能です。リストカットや根性焼きの跡が、ケガの傷跡ややけど跡のように見えるようになるだけで、辛い気持ちが軽減されるとおっしゃる患者様も大勢いらっしゃいます。また、治療を受けることで別の傷跡となって時間の経過とともに薄くなり、元の傷よりも目立たなくなることも十分考えられるのです。

まずは傷跡の状態を拝見させてください。その上で患者様が前向きな気持ちになれるような治療がご提案できるか、お話ししましょう。カウンセリングや診断は無料でおこなっていますので、安心してお越しください。

監修医師 杉江善哉 広島中央クリニック

監修医師 杉江善哉
広島中央クリニック院長

  • 平成4年 東京慈恵医科大学卒業
  • 平成4年~平成5年 東京慈恵会医科大学付属病院  勤務
  • 平成5年~平成17年 大手美容外科勤務
  • 平成18年~ 広島中央クリニック 院長に就任
  • 平成24年 日本美容外科学会美容外科専門医

私たち広島中央クリニックでは、「痛くない」「怖くない」「恥ずかしくない」治療を目指し、様々な 取り組みを行っています。患者様が満足する施術結果を残すことはもはや当然のことであり、むしろ、当院のドアをくぐったとき から退院までのプロセスで、いかに患者様の不安を解消し、安心して新しい自分と向き合うことがで きるかを常に考えた治療・カウンセリングを行うことが重要であると私たちは考えているのです。

Contact

まずは、無料カウンセリングで最適な治療法をご確認ください。

【お電話でのご予約・お問い合せ】

0120-955-935

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

中央クリニックグループ
  • 中央クリニックグループ外観4
  • 中央クリニックグループ外観1
  • 中央クリニックグループ外観3
中央クリニックグループについて
全国のみなさまの悩みに寄り添い30年以上
MAKE HAPPY AND BEAUTIFUL

全国19院、みなさまに愛され続けて30年以の中央クリニックでは経験豊富な医師のみが治療を行います。カウンセリングから治療、アフターフォローまで一人の医師が責任をもって担当いたしますので、ご安心ください。 料金は表示料金以外、一切かかりません。また、転居をされた場合も全国の中央クリニックでアフターケアを受けていただくことが可能です。