しみ・肝斑・美肌治療

通話無料
スマホOK
土日もOK

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

0120-955-935

明るく透明感のある肌はそれだけで若々しい印象を与えることができます。しかし、実際にはほとんどの方がしみ、そばかす、肝斑、くすみといったエイジングサインに悩まされているのではないでしょうか。

一見、同じようなシミのように見えても、実は老人性色素斑、肝斑、そばかすなど異なる原因で起こるトラブルが混在していることが少なくありません。効果的にトラブルを改善するには、症状と原因を正しく見極めて適切な治療やケアをすることが重要なのです。

例えば、レーザーでの治療。シミといえばレーザーと考える方もいらっしゃいますが、肝斑には、まずレーザートーニングという治療をおすすめしています。これは肝斑に向いていないレーザーを肝斑に照射するとかえって濃くなってしまう恐れがあるからです。また、市販の美白化粧品などで、できてしまったシミを消すことはできません。

間違ったお手入れを続けていると、全く効果が出ないばかりか、かえって症状を悪化させてしまうかもしれません。広島中央クリニックは、トラブルの本質を見極め、最適な治療を行うことで透明感のある輝く美肌を手に入れるお手伝いをさせていただきます。

しみ・肝斑・美肌治療はこのような方におすすめ

  • シミが濃くなっている気がする
  • シミや肝斑のせいで老けて見られる
  • 年齢とともにシミが増えてきた
  • ニキビや湿疹跡の色素沈着が気になる
  • 顔全体の頑固なくすみを改善したい
  • ファンデーションをついつい厚塗りしてしまう

広島中央クリニックのしみ・肝斑・美肌治療の特徴

広島中央クリニックでは、しみや肝斑くすみなどの症状を専門医が診断。表面的なトラブルの解消はもちろん、 肌質の根本的な改善、将来的なトラブルの予防まで多角的なアプローチが可能です。

しみができるきっかけはさまざまですが、共通しているのは「肌が作り出したメラニン色素が色素沈着を起こしている」ということ。

メラニンが作られるのは、体が紫外線や活性酸素から肌を守ろうとして起こる正常な現象です。しかし、なんらかの原因でメラニンが過剰に作られると肌の新陳代謝によって排出しきれなくなり、肌にとどまってしまうのです。

しみをはじめとするトラブルは気づいた時がお手入れの始めどき。早めにお手入れをすればよりマイルドな治療で結果を出すことが可能です。しみにお悩みの方は、是非お早めに当院の無料カウンセリングにお越しください。あなたの肌をより輝かせるためのお手入れをご提案いたします。

しみ・肝斑の種類

いわゆる「しみ」は原因によって老人性色素斑、肝斑、そばかすとななどの種類に分けられます。見た目は若干異なるものの「メラニン色素が肌に残っている」という共通点があり、褐色系の色をしているのが特徴です。

紫外線や加齢、ホルモンの変化など後天的な原因によってできることがほとんどですが、なかには先天性の症状もあります。

シミ(老人性色素斑)

シミ(老人性色素斑)

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は紫外線が原因で起こる症状です。

顔や首、手や腕など紫外線にさらされやすい場所にできることが多く、茶色っぽい色をしています。大きさはほくろのように見える小さなものから、5センチ程度の大きさに及ぶものまでさまざまです。

老人性といっても、あくまで原因は紫外線にあるため、20代の方でもできることがあります。さらに、60代以上になると必ずと言っていいほど発生するため、幅広い世代の方が悩まされている症状であると言えるでしょう。

老人性色素斑の治療方法は、シミの数や大きさ、ダウンタイムがどのくらい取れるかなどによって選択します。

例えば、濃いシミがぽつんとあるケースは「QスイッチYAGレーザー」で取るのが最も効率的です。ただし、このレーザーは照射後、日焼けを避けるためテープなどで保護し、かさぶたが自然にはがれ落ちるまで待たなければなりません。1週間から10日程度のダウンタイムを考慮する必要がある治療方法です。

これに対し、小さくて薄いシミがいくつもあるという場合はフォトフェイシャルやレーザートーニング、E-maxといった治療を繰り返してすみを徐々に薄くしていく方法が適しています。全体的な美肌効果も期待できる方法でダウンタイムはほとんどありません。

また、マシンでの治療に抵抗があるという方は、まず内服薬や外用薬などからスタートするという方法もあります。内服薬はトラネキサム酸やシナール、外用薬はハイドロキノンがおすすめです。

そばかす(雀卵斑)

そばかす(雀卵斑)

そばかすは医学的に「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれる遺伝性の症状です。

頬骨の上あたりから目の下、鼻周辺にかけて、薄く小さなシミが左右対称に現れるのが特徴です。幼少期に現れることが多く、大人になるに従って薄くなるケースも。また、紫外線の影響を受けると濃くなるため普通のしみと同様、 紫外線防止ケアが必須となります。

そばかすは治らないと諦めていらっしゃる方が多いのですが、フォトRFイーライトやQスイッチレーザー、高濃度ビタミン導入(イオン導入法)や美白効果のある内服薬、外用薬であるハイドロキノンなどでキレイにすることができます。

イオン導入や内服薬、外用薬での治療は肌の負担が全くないため、気軽に試していただくことができるのではないでしょうか。また、これらの治療はフォトフェイシャル、レーザーでの治療を組み合わせていただくことで、より高い効果が期待できるようになります。

体質だからしかたないとケアをおろそかにしてしまうと、より濃くなる恐れがあるのがそばかすです。当院ではスキンケアとして使用できる美白効果の高いルミキシルでのお手入れを推奨しています。また、日常的な紫外線対策はもちろん、バリア機能を維持するための保湿ケアについてもアドバイスさせていただきます。

肝斑(左右に出ることが多い淡いシミ)

肝斑(左右に出ることが多い淡いシミ)

肝斑(かんぱん)は頬骨に沿って左右対称に現れることが多いシミです。

茶褐色でそれほど濃くはなく、境界線はぼんやりとしています。比較的広い範囲に広がり、 額や口の周りにできることもある症状です。

肝斑の発生には、女性ホルモンが関与していると言われています。出産経験のある女性によくある症状で、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用がきっかけで現れたという人も少なくありません。

女性ホルモンのバランスは精神的なストレスや不規則な生活などによって乱れることもあります。また、肝斑は紫外線の影響や過剰なスキンケアによる摩擦などで悪化することが分かっています。 治療と合わせて、生活習慣やスキンケアの見直しも合わせて行う必要があるでしょう。

当院では肝斑の治療として、MedLite C6(メドライトC6)、高濃度ビタミン導入(イオン導入法)、トラネキサム酸とシナールの内服などをおすすめしております。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

グレーのような少し青みがかったシミは「後天性真皮メラノサイトーシス」と呼ばれるあざの一種である可能性が考えられます。

後天性真皮メラノサイトーシスはAquired Dermal Melanocytosis、略してADMとも呼ばれることがあります。あまり聞き慣れない名前かもしれませんが珍しい症状ではなく、 当院にご相談に来られる患者様にもよく見かける症状のひとつです。

では、普通のシミと ADM はどこが違うのでしょうか。通常のしみはメラニン色素が肌の表皮層という浅い部分に蓄積することで発生します。これに対し ADM はメラニン色素が肌の深い部分に位置する真皮層に蓄積されることで起こる症状です。メラニンが深い部分にあるため、輪郭がぼんやりして青みがかって見えることも特徴のひとつでしょう。

ADMは頬骨のあたりや目の下のほか、額の生え際近くや小鼻、まぶたなどにできることがあります。肝斑との判別が難しい症状ですが、小鼻やまぶたに症状が出ていればADMである可能性が高いでしょう。

ADMの治療方法はQスイッチヤグレーザーで治療します。フォトフェイシャルのような肌の表皮層にしか届かない治療を延々と行なっていても ADM は改善しません。
「肝斑の治療をしているがよくならない」「フォトフェイシャルを複数回行ったがシミが改善しない」という方は、一度、当院にご相談ください。

くすみ

くすみ

広範囲に起こる「くすみ」は見た目年齢をあげるエイジングサインです。

くすみの主な原因は肌の新陳代謝の乱れによって角質が肌に残りやすくなること。古い角質が肌に残った状態では、肌のキメが乱れて光を均一に反射できなくなります。すると部分的に影ができて肌のトーンが暗く見えてしまうのです。

くすみが起こるメカニズムをもう少し詳しく、順を追ってご説明しましょう。

  • 血行不良

    運動不足や姿勢の悪さなどによって全身の血行が滞ると、お肌の巡りも悪くなって肌はどんよりとくすみます。典型的な症状としてあげられるのが目の下のクマ。目の下は皮膚が薄いため、うっ血した血液が皮膚を通して青っぽく見えるのです。
    血行不良は体質やストレス、疲労、加齢などによって起こりやすくなります。 また、肌の新陳代謝を低下させる要因のひとつです。

  • 角質肥大

    血行不良や間違ったお手入れなど様々な原因で肌の新陳代謝が滞ると、古い角質が肌に残りやすくなって、肌に蓄積されていきます。光を均一に反射できる肌はなめらかに見えますが、ざらついた肌は光を乱反射して肌を暗く見せるのです。

  • キメの乱れ、毛穴の開き

    角質肥大によってキメが乱れると、肌に細かいでこぼこができます。でこぼこのない スムーズな肌は光をたくさん反射するでき、その分明るく見えます。しかし、でこぼこのある肌は、乱反射しかできなくなって肌の上に微細な影を作り出し、くすみが起こるのです。
    くすみが起こる理由はさまざまですが、洗顔のしすぎや過剰なスキンケアがくすみの原因となっていることも少なくありません。
    当院ではくすみの治療として、フォトフェイシャル、高濃度ビタミン導入(イオン導入法)投薬、レーザートーニング(MedLite C6(メドライトC6))、乳酸ピーリングなどをお勧めしております。
    くすみのない明るい肌を維持するためには、古い角質のケアだけではなく、肌をみずみずしく保つための保湿ケアも不可欠です。広島中央クリニックでは、日頃のスキンケアについてもアドバイスさせていただきます。

しみ・肝斑・美肌治療の種類

しみや肝斑、くすみは症状を正しく診断し、適切な治療を行うことが改善への近道。間違った治療を行うと、症状が改善しないばかりか悪化してしまうことも考えられます。

まずは無料カウンセリングにてお肌の状態を拝見させてください。以下の選択肢のなかから、患者様お一人おひとりに合った治療をオーダーメイドでご提案いたします。

  • レーザー治療
  • フォトフェイシャル(光治療)
  • メソセラピー
  • イオン導入
  • ピーリング
  • 美容注射
  • 内服薬、サプリメント
  • 外用薬、メディカルコスメ

「まずはメディカルコスメやクリーム、内服薬を試してみたい」 「ダウンタイムがある治療は避けたい」
「1回の治療で確実に効果を実感したい」
「予算はあまりかけられない」

このような細かいニーズにもひとつひとつお応えします。私たちと一緒に透明感溢れる明るい肌を取り戻しませんか。

レーザー治療

E-Max

E-Maxはしみやそばかす、くすみ、ニキビ跡といったトラブルから、たるみや小じわまであらゆるエイジングサインにこれ1台でアプローチできる画期的な美肌総合医療器です。

E-Maxは以下3つの機能による相乗効果でトラブルのない透明感のあるハリ肌を手に入れることができます。

  • フォトRF(オーロラ)

    APL(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせた「フォトRF」がしみやくすみといった色調のトラブルに効果を発揮。赤ら顔も改善させます。

  • ポラリス

    ダイオードレーザーとRFの効果でコラーゲンの再生を促進。ハリのある肌に導きます。ポラリスはフォトRFと同時に受けることでさらに高い効果が期待できる治療。これまでは別々に受ける必要がありましたが、E-maxなら1台でケア可能です。

  • マトリックスIR

    肌の深い部分に到達する915nmの波長をもつダイオードレーザーとRFで小じわや毛穴の開きを改善し、なめらかな肌に導きます。これによって、光をたくさん反射できるようになり、くすみのない透明感のある肌に近づくことができます。

ダイオードレーザーは脱毛にも用いられることで有名ですが、肌のキメを整えて均一なトーンの肌に見せてくれるという大きなメリットがあります。RFと組み合わせることで、マイルドな効果になっているため、レーザーの治療は怖いという方にも最適です。

QスイッチYAGレーザー

はっきりとした濃いシミやADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などの治療に適しているのがQスイッチYAGレーザー。しみ治療のファーストチョイスとも言える治療方法です。

通常のしみであれば、1回の治療でほぼ除去することができるでしょう。ピンポイントでしみを治療するのに最適で、輪郭のはっきりしたしみの改善に高い効果を発揮します。

QスイッチYAGレーザーは照射後、患部の日焼けを避けるためテープで保護します。1~2日でかさぶたとなり、 1~2週間で自然とはがれ落ち、新しい肌が現れます。その後、色素沈着が薄くなっていくため、照射後すぐにしみがなくなるというわけではありません。また、ADMの場合、半年程度期間を空けて数回繰り返す必要があります。

照射時の痛みはゴムで弾かれた程度ですが、クリームの局所麻酔を使用することも可能です。

QスイッチYAGレーザーはこのような方におすすめ

  • はっきりとした濃いしみがある
  • フォトフェイシャルでしみが改善しなかった
  • 青っぽいしみがまぶたや鼻にある
  • 他のしみ治療で効果がなかった

レーザートーニング

レーザートーニングとは通常のレーザー治療と比べて非常に弱いパワーでアプローチする治療方法。広島中央クリニックでは、MedLite C6(メドライトC6)のQスイッチYAGレーザーを使用しています。

レーザートーニングではしみやそばかすくすみといった色素トラブルの他、これまでレーザーが禁忌とされていた肝斑の治療でも高い効果を得ています。では、なぜこれまでできなかった肝斑の治療が可能になったのか。メドライト C6のリズムを少し詳しく説明しましょう。

症状に合わせて使い分ける2つのレーザー

メドライトC6は2つの波長のレーザーを症状に合わせて使い分けることができます。ひとつは1064nmの低出力の波長、もうひとつは532nmというメラニン色素への吸収が高い波長のレーザーです。

肝斑の治療には低出力のレーザーを照射します。 これによって肌に蓄積されているメラニンを少しずつ破壊していくことが可能です。刺激が少ないため乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎にお悩みの患者様にも適したレーザーと言えます。

これに対し一般的なしみやそばかす、くすみの治療にはメラニン色素への吸収が高い方のレーザーを使用します。こちらは肌の浅い部分にある色素トラブル全般に有効といっていいでしょう。

均一な照射が可能

従来のレーザーは照射したポイントの中心にエネルギーが集中し、中心から遠い部分に当たるエネルギーは弱くなるという特徴がありました。そのため肝斑に照射すると、真ん中部分は炎症を起こし、周りには効果がまったくないという現象が起きていたのです。

一方、メドライトC6ではこのようなエネルギーの強弱のない均一な照射が可能となりました。しみや肝斑にムラなく照射できるようになったことで、やけどや炎症といったトラブルなしで肝斑を治療できるようになったのです。

また、メドライトC6によるレーザートーニングはシミの原因となる隠れたメラニン色素である「シミ予備軍」にもアプローチします。目立つシミや肝斑がないという方でも予防美容としてレーザートーニングを受けてみてはいかがでしょうか。

レーザートーニングはこのような方におすすめ

  • 肝斑がある
  • ニキビや皮膚炎などの炎症後色素沈着が気になる
  • 範囲のしみやくすみが気になる
  • 顔全体の肌を明るくしたい

ピコレーザー

ピコレーザーは照射時間が非常に短く、肌への負担が少ないレーザー。薄いシミや広範囲にわたる色素沈着、くすみの改善に最適の治療方法です。

短い照射時間で弱いレーザーを照射するため、皮膚に影響を与えることなく、メラニン色素を破壊することができます。また、ニキビ跡の改善にも効果的です。

さらにピコレーザーは真皮に刺激を与えることによりコラーゲンの生成を促進。肌のハリ改善や、毛穴が目立たなくなったりする効果も期待できます。

ピコレーザーはこのような方におすすめ

  • ニキビ跡の色素沈着が気になる
  • 薄いシミやそばかすをなんとかしたい
  • 広範囲のくすみを解消したい
  • 開いた毛穴を引き締めたい

光治療

フォトシルクプラスフェイシャル

2種類の波長が異なる光を照射する「フォトシルクプラスフェイシャル」を用いてしみやそばかす、くすみ、ニキビ跡などの改善を行う治療方法です。カウンセリングで症状を拝見してから診断いたしますが、肝斑の改善効果も認められています。フォトフェイシャルはどんな方にでもお勧めできる、美肌治療のスタンダードと言っていいでしょう。

2つの波長がマイルドに肌に作用

フォトシルクプラスフェイシャルには2種類の波長の光が搭載されています。

よりマイルドに作用する650~950nmの波長の光は、肝斑や従来のフォトフェイシャル(IPL)では効果が低かった広範囲のくすみに。また、550~950nmはメラニン色素に対する吸収率が高いため、しみやニキビ跡、赤ら顔の改善などに効果を発揮します。

950nm以上の光をカットすることで水分への熱吸収を少なくし、火傷や炎症といったトラブルの発生を最小限に抑えることに成功しました。

従来の光治療に満足できなかった方に

フォトシルクプラスフェイシャルでは、一瞬に発生する光を数回に分割して照射する「パルス照射」が可能です。これによって表皮へのダメージを抑えながら肌の奥までエネルギーを伝えることができます。こうして真皮に刺激が加わることでコラーゲン生成が促され、肌のハリがアップし、開いた毛穴が目立たなくなるといった効果も期待できます。

これまでのフォトフェイシャルで効果を感じられなかったという患者様からも定評のある治療です。

フォトシルクプラスフェイシャルはこのような方におすすめ

  • 薄いしみがたくさんある
  • 広範囲のくすみを改善したい
  • 毛穴の開きやハリの低下が気になる
  • 赤みのあるニキビ跡や色素沈着が気になる

E-Max(光治療)

E-MaxはIPL(光エネルギー)とRF(高周波)、IR(赤外線)などを組み合わせることでさまざまな美肌効果が得られる治療器。当院ではしみ、くすみ、毛穴の開きなどの治療にも使用しています。

E-Maxには、ダイオードレーザーも搭載していますが、フォトRF(オーロラ)の効果や赤ら顔などを改善する赤外線(IR)は、組み合わせることでさまざまな美肌効果をもたらします。

フォトRFは、しみやそばかすなどの色素斑の改善はもちろん、顔全体の美白や赤ら顔、毛細血管拡張の改善に役立ちます。真皮上層までエネルギーを届けることができるため、肌が持つコラーゲン生成機能を活性化し、ハリに満ちた肌を取り戻すことも可能です。

また、赤外線は顔全体に照射することで、シミそばかすやニキビ、赤ら顔、毛穴の引き締めなどをケアすることが可能です。

このようにE-Maxは異なる肌のお悩みに同時にアプローチできるのが最大の特徴。エイジングサインはしみだけがある、シワだけが気になるという風に単独で現れることはほとんどありません。E-maxでお肌のお悩みをまとめて解決しませんか。

E-Max(光治療)はこのような方におすすめ

  • しみ、そばかすが気になる
  • 顔全体のくすみをなんとかしたい
  • しみや毛穴の開き、ハリの低下など複数のエイジングサインに悩んでいる
  • 赤ら顔や赤みのあるニキビ跡が気になる

メソセラピー

メソローラー

極細の医療用針がついたローラーを肌の上で転がし、無数の小さな穴を開け、その創傷治癒効果によって肌の再生とコラーゲン生成を促進させる治療です。

肌に穴を開けるというと、恐怖心を持たれるかたも多いのですが 赤みは2、3日で解消しますしクリームタイプの麻酔を使用するため、治療中の痛みはほとんどありません。

本来、肌が持つ傷を治そうという力(再生力)を利用するため、効果の現れ方が自然で違和感がありません。また、ビタミンCをはじめとする美容成分や成長因子を合わせて使用することで、外側から塗るだけのケアとは一線を画した高い美肌効果を発揮することが可能です。

有効成分が浸透しやすくなる理由

肌の表面にある角質層には、外部の刺激から自らを守ろうとする「バリア機能」があります。化粧品などで有効成分を浸透させようとしても、このバリア機能によって異物と判断されれてしまい、肌に吸収させることができないのです。

メソローラーでは物理的に肌に損傷を与えることによって、分子の大きい有効成分でも肌に導入させることができるようになりました。

メソローラーはこのような方におすすめ

  • ニキビ跡が気になる
  • 毛穴の開きを改善したい
  • しわが気になる
  • より高い美肌効果を実感したい

ダーマペン

11本の極細針がついたペン状の電動ニードルを肌にあて、無数の穴を開け肌がもつ創傷治癒効果によって、お肌を再生させる治療です。

物理的損傷を受けた肌は、その傷を治そうとしてコラーゲンの再生が促進します。また、皮膚と合わせて微細血管も損傷を受けるため、血管が再構成されます。こうして創傷治癒効果をさらにサポートされるのです。

ダーマローラーよりもダメージが少ない治療方法で、ビタミンやヒアルロン酸といった有効成分や成長因子を併用することで、さまざまな美肌効果が期待できます。

ダーマペンはアメリカのFDA(米食品医薬品局)に承認を受けた安全性の高い医療器具です。最近、通販サイトや個人輸入サイトでもダーマペンが販売されているのを見かけますが、 電動のダーマペンを正しい知識やトーレニングなしで使用するのは危険です。ダーマペンの治療は医療機関で受けることをおすすめします。

ダーマペンはこのような方におすすめ

  • 肌のくすみを改善したい
  • ニキビやニキビ跡が気になる
  • 目立つ毛穴をなんとかしたい
  • 小じわが気になる
  • 手ごろな価格でできるお手入れを試したい

イオン導入

ビタミンC導入

イオン導入と微弱な電流を流すことで成分をイオン化し、経皮吸収しにくい成分をお肌の深い部分まで浸透させる治療です。

ビタミンCをイオン導入で肌に浸透させることで細胞が活性化され、透明感とツヤのある肌を取り戻すことができます。その浸透効果は化粧品でビタミンCを使用した時の約30~50倍。ビタミンCはコラーゲン生成にも欠かせない成分であるため、肌のハリ、シワ改善効果も期待できます。

広島中央クリニックでは、ビタミンCの他、健康で美しい肌の維持に欠かせないビタミンB群のイオン導入が可能です。

ビタミンC導入はこのような方におすすめ

  • 広範囲の薄いしみが気になる
  • 顔全体を美白したい
  • ニキビ跡が気になる
  • 開いた毛穴を改善したい

トラネキサム酸導入

メラニンの生成を阻害する効果や炎症抑制効果のあるトラネキサム酸をイオン導入する治療。しみ、そばかすや肝斑の改善、肌荒れ防止の他、肌全体の美白効果などが期待できます。また、炎症を抑える作用があるため、乾燥肌や敏感肌の方の美白治療にも最適です。

トラネキサム酸は肝斑の治療に用いられる成分でもあります。当院では内服薬としてもトラネキサム酸を処方していますが、患者様によっては薬の内服ができない方もいらっしゃいます。お肌のみに作用するイオン導入であれば使用することができるケースが多くなっています。内服薬が体に合わなかったという方も、是非、一度ご相談ください。

トラネキサム酸導入はこのような方におすすめ

  • 肝斑が気になるがレーザー治療は怖い
  • 透明感を取り戻したい
  • 繰り返し起こる肌荒れを予防したい

ピーリング

乳酸ピーリング

ピーリングとは角質を除去する効果のある薬剤を塗布して、キメの細かい新しい肌へと再生を促す治療です。当院では肌への刺激が少ない「乳酸」を使用したピーリングを行なっています。

ピーリングによって古い角質が除去されると肌のターンオーバーが促されます。これによってしみや色素沈着、くすみ、色ムラなどが改善するのです。

乳酸によるピーリングは、従来のグリコール酸ピーリングと比較して刺激が少なく、肌の弱いかたやこれまでのピーリングでトラブルがあったという方にもお勧めできます。

乳酸が優しく作用する理由

優しい作用の秘密は乳酸の分子の大きさにあります。分子が大きい乳酸は肌の浅い部分にしか浸透することができません。そのため、表皮に蓄積されたメラニンが原因で起こるしみやくすみに高い効果を発揮しつつも、肌に与える刺激は最小限となっているのです。

乳酸ピーリングを受けた患者様からは、「お肌がツルツルになった」「モチモチ肌が継続した」といった嬉しい声をいただいております。また、お肌の刺激が少ないことから、定期的なお手入れが可能となりました。継続してお手入れすることで、大人ニキビの予防にもつながるでしょう。

乳酸ピーリングはこのような方におすすめ

  • しみが気になる
  • お肌の色ムラが気になる
  • 肌全体のくすみを改善したい
  • ニキビ跡の色素沈着がある

美容注射・内服薬・サプリメント

初めて美容外科でのしみ治療や美肌治療を検討されている方の中には、レーザーや光治療といった美容機器での治療は抵抗があるという方がいらっしゃいます。また、接客業の方は、一時的なものであっても、赤みや内出血が出るとお仕事に影響する恐れがあります。

このような患者様には美容内科の治療として行う、美容注射や内服薬サプリメントなどをおすすめしております。市販のサプリメントや化粧品エステよりも高い効果が期待できるため、継続して治療や処方を受けている方も少なくありません。どんな治療があるか知りたいという方は是非一度、当院の無料カウンセリングでご相談ください。

施術の流れ

STEP1お電話・メールでご予約

お電話またはメールでカウンセリングのご予約をお願いいたします。
当院は完全予約制となっており、プライバシー厳守により待合室も仕切られているので、
他の患者さまと顔を合わせないように配慮しております。

STEP2カウンセリング・診察

患者さまのご要望やお悩みをカウンセラーがお伺いいたします。また、院長が患者さまの施術内容について、しっかりと納得していただけるまで丁寧にご説明します。
美容医療について間違った知識をお持ちの方も多い為、 医療機関である当院での治療について丁寧にご説明いたします。

STEP3費用のご案内・お支払い手続き

院長の診断結果と申し送り内容に基づきカウンセラーが施術内容や費用等を詳しくご説明します。
現金の他、クレジットカードや分割払い(医療ローン)でのお支払いも承っています。

STEP4施術

最新の医療機器が整った完全個室の施術室で、院長・看護師が施術をいたします。
手術室は、衛生管理や安全面に細心の注意を行っています。

STEP5アフターケア

施術後には、治療後の過ごし方やアフターケアについてご案内いたします。
ご不安なことがあれば、いつでもご相談や診察を承ります。

治療の費用

レーザー治療
Q-Yag 2,000
エルビウムヤグレーザー 4,000
フォトRF(オーロラ) 10,000
イオン導入
高濃度ビタミンCイオン導入 5,000
高濃度ビタミンC超音波導入 8,000
トラネキサム酸イオン導入 10,800
ピーリング
乳酸ピーリング 4,000
内服
トラネキサム酸 2,000
シナール 2,000
ハイドロキノン 3,000
ビタミンC 2,000
注射
プラセンタ注射 1,500
にんにく注射 3,000
美白注射 3,000

※表示の料金はすべて税別です。

しみ・肝斑・美肌治療に関するよくある質問

治療は1回で終わりますか?

しみの種類や治療方法によって異なります。

QスイッチYAGレーザーで輪郭のはっきりしたしみを治療する場合は、一回の治療で完了することが多くなっています。ただし、肝斑や薄いしみの場合は複数回治療が必要なこともあります。また Emaxや レーザートーニングのように継続的に受けていただくことで予防美容的な効果を発揮する治療方法もあります。

副作用や痛みはありますか?

治療方法によって異なります。

しみや肝斑、美肌治療で痛みがある治療は以下通りです。なお、治療後、赤みや内出血など、なんらかの症状が起こりうる治療は事前のカウンセリングで詳しくご説明させていただいております。

  • QスイッチYAGレーザー

    ゴム弾かれたような痛みがあります。我慢できないほどの痛みではありませんが、クリームタイプの表面麻酔を使用することも可能です。治療後は日焼けを避けるため患部をテープで保護していただき、かさぶたが自然に剥がれる落ちるまで1、2週間要します。その際、手でかさぶたを剥がしたりしないようご注意ください。

  • レーザートーニング

    施術中、パチパチとした熱感があるものの、痛みは輪ゴムで弾かれた程度で麻酔を使用するようなものではありません。治療後は赤みがうっすらと出ますがレーザーのようにかさぶたができることはないので、ご安心ください。 レーザートーニングはダウンタイムがほとんどない治療としておすすめできます。

  • フォトシルクプラスフェイシャル

    治療中、多少熱感がありますが、 痛みはそれほど強くありません。治療後は炎症止めのお薬をお出ししています。しみの部分がかさぶたになることがありますが、テープで保護する必要はありません。ただし、紫外線対策は忘れずに行なってください。 かさぶたになった場合自然にはがれ落ちるまでできるだけ触らないようにしましょう。

  • 乳酸ピーリング

    治療中の痛みはほぼありません。治療後の肌はデリケートな状態であるため、紫外線対策と保湿をていねいに行ってください。刺激が強い化粧品を使用するとピリピリすることがあるため、低刺激の保湿アイテムの使用をおすすめします。なお、ピーリング後にイオン導入をすると、より高い効果が実感できますが、イオン導入で刺激を感じることはありません。

治療の後にメイクはできますか?

ピンポイントでアプローチする治療は患部を避ければ、当日からメイク可能です。

その他、広範囲に行う治療は翌日からメイクできるものが多くなっています。ただし、どんな治療でも紫外線対策は施術後から必要です。詳しくはカウンセリングでご説明させていただきます。

自分にあった治療法を選ぶにはどうしたら良いですか?

しみや肝斑に関する知見のある信頼できるクリニックを選び、専門の医師に症状を診てもらいましょう。

しみだと思っていた症状が、実は肝斑やADMだったというケースは決して少なくありません。ご自分でしみの種類を見分けることは困難でしょう。間違った方法で治療を行うと症状が悪化することもありますので、お手入れに迷ったら必ず専門医にご相談ください。

また、レーザーや光での治療に抵抗があるという方はご遠慮なくお申し出ください。美容注射や内服薬など、リスクのない治療方法もご用意しております。効果の高い治療だからといって無理に勧めることはありませんので、お気軽に無料カウンセリングをご利用ください。

カウンセリングの当日に治療はできますか?

はい。可能です。
カウンセリングをご予約いただく際に、当日治療をご希望である旨、お伝えいただくとスムーズです。

監修医師 杉江善哉 広島中央クリニック

監修医師 杉江善哉
広島中央クリニック院長

  • 平成4年 東京慈恵医科大学卒業
  • 平成4年~平成5年 東京慈恵会医科大学付属病院  勤務
  • 平成5年~平成17年 大手美容外科勤務
  • 平成18年~ 広島中央クリニック 院長に就任
  • 平成24年 日本美容外科学会美容外科専門医

私たち広島中央クリニックでは、「痛くない」「怖くない」「恥ずかしくない」治療を目指し、様々な 取り組みを行っています。患者様が満足する施術結果を残すことはもはや当然のことであり、むしろ、当院のドアをくぐったとき から退院までのプロセスで、いかに患者様の不安を解消し、安心して新しい自分と向き合うことがで きるかを常に考えた治療・カウンセリングを行うことが重要であると私たちは考えているのです。

Contact

まずは、無料カウンセリングで最適な治療法をご確認ください。

【お電話でのご予約・お問い合せ】

0120-955-935

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

中央クリニックグループ
  • 中央クリニックグループ外観4
  • 中央クリニックグループ外観1
  • 中央クリニックグループ外観3
中央クリニックグループについて
全国のみなさまの悩みに寄り添い30年以上
MAKE HAPPY AND BEAUTIFUL

全国19院、みなさまに愛され続けて30年以の中央クリニックでは経験豊富な医師のみが治療を行います。カウンセリングから治療、アフターフォローまで一人の医師が責任をもって担当いたしますので、ご安心ください。 料金は表示料金以外、一切かかりません。また、転居をされた場合も全国の中央クリニックでアフターケアを受けていただくことが可能です。