ピアスの穴あけ

通話無料
スマホOK
土日もOK

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

0120-955-935

男女ともに幅広い年齢層の人にファッションアイテムとして親しまれているピアス。最近では耳たぶだけではなく、鼻や眉毛部分、体などにピアスをつけている方も見かけます。

よく若い方が「友達にピアスホールを開けてもらった」と言っているのを耳にしますが、実はこれが違法行為だということをご存知でしょうか。

ピアスの穴あけは医療行為です

アクセサリーショップなどで販売されている「ピアッサー」を使って自分でピアスホールを開けたという方は少なくありません。

ピアッサーは内蔵されたバネによってピストルのようにピアスが飛び出し、穴を開ける仕組みのもの。耳たぶに垂直に当てる必要があるので、自分自身できれいにピアスホールを開けることは難しいです。そのため、家族や友人に頼んで開けてもらうという方が多いようです。

しかし、人間の体にピアスホールを開けるという行為は医療行為であり、本来は医療従事者でないと行うことができません。また、衛生管理や消毒などのケアも重要です。安易な穴あけ行為は違法行為であるだけではなく、細菌感染や化膿などのリスクをはらんでいると言えるのです。

ピアッサーでの穴あけに失敗して裂傷や炎症を起こすケースもあります。よくあるトラブルとして報告されているのが、友人にピアッサーでの穴あけを頼んだところ、充分な力を入れることができず、ピアスが耳たぶを貫通できなかったという例です。まれにピアッサーを耳につけたまま、医療機関に来院される方もいらっしゃいます。

同様にボディピアス用のピアスホールを開ける「ピアススタジオ」と呼ばれるところでの施術も違法行為です。衛生環境や設備が不十分であるスタジオで穴あけを行うと、思わぬ感染症にかかる危険性もゼロではありません。実際に、衛生面や感染に関する知識が不十分なピアススタジオも少なくないのです。

ピアスの穴あけは信頼のできる医療機関で

ピアスの穴あけは衛生管理や感染に関する知見が十分にある医療機関で行いましょう。医療機関で穴あけをすれば様々なトラブルを回避することができます。

広島中央クリニックでは耳たぶはもちろん、耳の軟骨部分や鼻、へそ、下、乳頭、性器などへのピアス用穴あけを行っています。

また、ピアスの穴あけは穴あけ行為そのものだけではなく、アフターケアも非常に重要です。信頼できる医療機関で穴を開けても、穴あけ後の消毒を怠ってしまうと化膿する恐れがあるからです。当院では穴あけ後の消毒のしかたについても詳しくご説明させていただきますので、ご安心ください。

広島中央クリニックのピアスの穴あけの特徴

広島中央クリニックでは全ての患者様がトラブルを起こすことなく、ピアスの穴を完成させることができるよう配慮しております。ご不明な点や不安な点は、どんなことでもお尋ねください 。

金属アレルギーの方でも安心

ピアスをしてみたいけれど、金属アレルギーだから」と諦めていませんか。当院は金属アレルギーを心配される方でも使用できるピアスをご用意しています。

そもそも金属エネルギーはなぜ起こるのでしょうか。本来、金属は無害なものです。しかし、ネックレスやピアスなどをつけていると、汗や唾液によって微量の金属が溶け出し、体内のたんぱく質と結合して、別のたんぱく質に変性します。この結合物質であるたんぱく質を体が異物とみなし、アレルギー反応を引き起こすのが金属アレルギーです。

金属アレルギーは接触性皮膚炎の一種で赤みやかゆみなどが起こります。ピアスは他のアクセサリーと異なり、長時間皮膚に密着するため特にアレルギーの原因となりやすいのです。アレルギー反応を引き起こす金属は人によって違いますが、ニッケルやクロムなどをしているピアスが原因となることが多くなっています。

広島中央クリニックでは、金属アレルギーの原因となりにくい医療用ステンレス製・純チタン製のファーストピアスをご用意しております。全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありませんが、他の金属と比較してアレルギー反応を起こしにくい素材です。

トラブルを防ぐための配慮も万全

トラブルを起こすことなくピアスホールを完成させるためには、どのような形状のピアスを使用するかという点も重視する必要があります。

ピアスの軸の部分を「ポスト」と呼んでいます。日本で市販されているピアスのほとんどが日本人の平均的な耳たぶの厚さと同じ6 mmポストになっています。

ピアスホールを開けた後は耳たぶが腫れるため、ファーストピアスはポスト部分とピアスの留め金部分であるキャッチの間に余裕を持たせる必要があります。ポストとキャッチの間に余裕がないと血行が悪くなり、炎症や化膿の原因となるからです。

広島中央クリニックでは耳たぶや軟骨部分に使用するファーストピアスはポストの長さが10mmのタイプをご用意しました。

また、耳用のピアスはすべて16G(ゲージ。ポスト部分の太さである「軸径」を表します)1.2mm。通常のピアスより太く、しっかりとピアスホールを形成することができます。ボディピアスの太さは全て14G (1.6mm)です。

医療機器メーカー・ジェイシス社製ピアスでアレルギーのある方も安心

広島中央クリニックでは医療機器メーカーであるジェイシス社のファーストピアスを使用しています。ジェイシス社はピアスの穴あけに使用するピアッサーやピアスガンをはじめとする医療機器や美容機器の製造販売を行う信頼度の高いメーカーです。

ピアスは全て滅菌済み、穴あけに使用する部分は使い捨てとなっているため、衛生面でも優れていると言えます。素材は医療用ステンレスや純金処理をした医療用ステンレス、純チタンなど。ピアスの色や形も豊富で、医療用ファーストピアスとは分からないほどファッション性の高いデザインとなっています。

ピアスの穴あけの方法

事前に皮膚を消毒し、ピアスホールを開けたい場所に皮膚専用のペンでマーキングをします。

  • 耳の場合

    片方の耳にマーキングをし、その位置に従って反対の耳にもマーキングをします。痛みはほとんど感じませんが、ご希望により事前にクーリング(冷却)を行うことも可能です。穴あけはピアッサーで行います。

  • ボディピアスの場合

    注射による局所麻酔を使用したあと、ニードルで穴を開けます。

施術は5分程度で終了し、ピアスを装着後すぐにお帰りいただけます。当日からシャワーが可能ですが、軽く洗い流す程度にしておきましょう。

施術後、一週間程度は分泌物が出ることがあります。一週間以上たっても分泌物が出ている場合や、赤みや腫れ、我慢できないほどの痛み、化膿などがある際はピアスを外し、できるだけ早く診察を受けてください。広島中央クリニックでは、アフターケアとしての診察・検診などはすべて無料です。

ピアスの穴あけが可能な部位

広島中央クリニックでは耳たぶの他、耳の軟骨部分、おへそ、眉、 鼻、口唇、乳首、性器などの部位にもピアッシング可能です。 意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、パートナーの希望で性器にピアスをされるかたも増えています。

当院のピアスは各種安全性の高いものを取り揃えております。金属アレルギーの心配がない方も、まれにピアッシング後にアレルギーを発症することがあるため、ファーストピアスは医療用ステンレスやチタンなどの素材のピアスを選ぶことをおすすめしております。ピアスホールが完全に完成してから、他の素材をお試しください。

ピアッシングでは、傷ついた部分の皮膚が治癒し、新しい皮膚ができる「上皮化」が起こりおよそ1-2カ月でピアスホールが完成します。ピアスホールがふさがるのを防ぐため、ファーストピアスは最低1ヶ月以上つけたままにする必要があります。ピアスを外さなければならない予定がないか、事前に確認しておきましょう。

耳たぶ

ファーストピアスは耳たぶにあったピアスを選ぶ必要があります。日本人の耳たぶの平均的な厚さは約6mmです。

ファーストピアスはしっかりとピアスホールを形成できるよう、ポスト部分(ピアスの軸)が太めに作られています。また、耳たぶが腫れることを想定して傷口を圧迫しないよう、ピアス本体と留め金部分に余裕を持たせてあるのが特徴です。

軟骨

耳の軟骨部分にピアスをつけたいというご要望が増えています。 人気があるのは以下の箇所です。

  • トラガス(耳珠)
  • ヘリックス(耳輪上部)
  • スナッグ(対輪中央部)

その他の部分にもピアスホールを開けることができますので、ご相談ください。

軟骨部分は血流が少なく、耳たぶよりもトラブルが起こりやすいのが難点でした。現在ではより太いポスト(軸)にすることでトラブルの発生を抑えたタイプの軟骨部分用ファーストピアスが登場しています。

通常のピアスは軸部分が16G(1.2mm)ですが、軟骨部分用は18G(1.3mm)と太め。素材は医療用ステンレスや純金、純チタン加工した医療用ステンレスなどです。ファーストピアスは専用の医療用ピアッサーに内蔵されており、穴を開けると同時に装着されます。

おへそ

ボディピアスの中でも人気があるのがおへそのピアスです。局所麻酔と医療用の針(ニードル)を使用するため、無痛で行うことができます。

ご希望の位置にピアスホールを開けることができますが、しっかり皮膚をかませてピアスを装着しないと、皮膚が伸びて穴が広がったり、裂けたりすることがあるため正しい位置を見極める必要があります。

ボディピアスは形が複雑でカーブを描いているため、適正な箇所や角度にピアスを装着する必要があります。そのためピアッサーは使用できません。 ボディピアスを開けるときには必ず医療機関で行うようにしましょう。

性器

最近、密かに人気が高まっている性器ピアス。セックスアピールとなり、性的な刺激を高めるとも言われています。ご希望の箇所にピアスを装着することができますので、ご相談ください。

性器部分は血流が多い分、出血しやすいパーツです。また、麻酔なしで穴を開けることに対し不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。恥ずかしさから自分で性器ピアスを開けて、細菌感染してしまい医療機関を訪れる人もいるようです。セルフで開けたり、医療機関以外で開けたりするのはやめましょう。

当クリニックではカウンセリングの段階から完全予約制で、待合室も仕切られているため他の患者様と顔を合わせることもありません。プライバシーも厳守しておりますので、デリケートな箇所への施術も安心してご相談いただけます。

施術は局所麻酔をしてから、滅菌した器具を使用してファーストピアスを装着します。施術は5分から10分程度です。

当日からシャワーが可能ですが、軽く洗い流す程度にとどめてください。赤みや腫れ、出血や我慢できない痛みがあればピアスを外し、速やかに診察を受けるようにしましょう。

当クリニックでは、内服薬、塗り薬の処方や術後の診察などのアフターケアはすべて施術料金に含まれておりますので、不安な点があればすぐにご連絡ください。

  • 女性器ピアス装着例

    ラビア(大陰唇・小陰唇)

    クリトリスフード(陰核包皮)

    クリトリス(陰核貫通)

    クリスティナ(恥骨部)

  • 男性器ピアス装着例

    アパトラビア(亀頭を縦に貫通)

    アンパラング(亀頭と横に貫通)

    フォアスキン(包皮部分)

その他

鼻や眉、乳首、舌などにもピアスを装着することができます。医療用のニードルでピアスホールを開けますが、局所麻酔をするので治療中の痛みはほとんどありません。

  • 鼻ピアスはまっすぐのラインタイプを選ぶと安定しません。そのためポスト部分がスクリュー形のピアスを使用します。 鼻ピアスは内部に違和感がないよう、鼻翼部分の皮膚の厚さにあったピアス選ぶことが大切です。また、一般的に鼻のピアスは頻繁に付け外しするものではありません。ピアスホールが完成するまでは半年ぐらいかかりますので、その間にピアスを外さなければならない予定がないか、確認しておくようにしましょう。

  • 眉をはさむようにしてピアスを装着します。骨が出ている部分なので、骨格に沿ったカーブを描いた形のファーストピアスを使用します。ピアスが長すぎてゆるんでいたり、短すぎて皮膚がひっぱられたりすることのないよう、適切な長さのピアスを選ぶことが大切です。眉のピアスホールは深く開ける必要があるため、ピアッサーは使用せず、ニードルで穴を開けます。

  • 乳首(ニップル)

    ストレートバーベルというタイプのポスト部分が長いピアスを使用します。ヘッド部分のねじで固定するタイプです。性器ピアスと同様、恥ずかしさからセルフで開けようとする方がいるようですが、乳首は痛みを感じやすく、安定した位置にピアスホールを開けるのが難しい箇所です。高い技術が必要な部分なので、必ず医療機関で開けるようにしましょう。

  • 舌の状態をよく見て、上下でまっすぐになるよう装着する必要があります。また、ピアスの形や長さも舌にフィットしたものを選ばなければ、話すときや食事をするときに邪魔になってしまいます。 舌は腫れやすい箇所なのでアフターケアが重要です。術後は口内環境を清潔に保つようにしていただきます。舌ピアスはボディピアスの中でも特に入念なケアが必要です。ピアスホールが完成した後も継続して口腔ケアを行わなければなりません。お手入れが続けられるかどうか、よく考えてからピアスを開けるようにしましょう。

施術の流れ

STEP1お電話・メールでご予約

お電話またはメールでカウンセリングのご予約をお願いいたします。
当院は完全予約制となっており、プライバシー厳守により待合室も仕切られているので、
他の患者さまと顔を合わせないように配慮しております。

STEP2カウンセリング・診察

患者さまのご要望やお悩みをカウンセラーがお伺いいたします。また、院長が患者さまの施術内容について、しっかりと納得していただけるまで丁寧にご説明します。
美容医療について間違った知識をお持ちの方も多い為、 医療機関である当院での治療について丁寧にご説明いたします。

STEP3費用のご案内・お支払い手続き

院長の診断結果と申し送り内容に基づきカウンセラーが施術内容や費用等を詳しくご説明します。
現金の他、クレジットカードや分割払い(医療ローン)でのお支払いも承っています。

STEP4施術

最新の医療機器が整った完全個室の施術室で、院長・看護師が施術をいたします。
手術室は、衛生管理や安全面に細心の注意を行っています。

STEP5アフターケア

施術後には、治療後の過ごし方やアフターケアについてご案内いたします。
ご不安なことがあれば、いつでもご相談や診察を承ります。

治療の費用

ピアス
両耳たぶ 6,000円
耳軟骨 12,000円
おへそ 12,000円
鼻・眉・乳首 30,000円
35,000円
女性器(ラビア:大陰唇・小陰唇) 40,000円
女性器(クリトリスフード:陰核包皮) 40,000円
女性器(クリトリス) 50,000円
女性器(クリスティナ:恥骨部) 70,000円
男性器 70,000円

※医療用ピアス代と麻酔代を含んだ料金になります。
※表示の料金はすべて税別です。
※一部の部位に関しましては、ピアスのお持ち込みをお願いしております。

ピアスの穴あけに関するよくある質問

痛みはどのくらいですか?

穴を開けるのは一瞬なので、強い痛みが続くこともほとんどありません。

軟骨ピアスやボディピアスは局所麻酔をした後、医療用ニードルで穴を開けるため、施術時に痛みを感じることはほとんどありません。

施術の前後で気をつけることはありますか?

日常生活に制限はありません。

一定期間、消毒を行っていただく必要がありますが、こちらはカウンセリング時に詳しく説明させていただきます。耳たぶのファーストピアスは一か月以上外さないようにしてください。自然に取れたりしないような留め具がついておりますので、寝ている時に外れてしまうようなことはありません。

ボディピアスについては開ける場所によって注意すべき点が異なりますので、カウンセリング時に詳しくご説明いたします。

どのくらい経てばファーストピアスを外すことができますか?

耳たぶのファーストピアスは、ピアスホールが完成するまで、1〜2ヶ月間程度、常につけておいてください。

その他のボディピアスは装着する位置によってピアスホール完成までの期間が異なります。どのくらいでファーストピアスが取れるかどうかはカウンセリングで詳しくご説明いたします。

以前穴を開けていたところが塞がってしまいました。もう一度同じ場所に穴を開けることはできますか?

耳たぶに金属アレルギーによる炎症やしこりが起こってしまった場合、トラブルを避けるためにすぐ同じ場所に穴を開けることはおすすめしません。

片側の耳だけにトラブルが起きてしまった場合、正常な方の耳とバランスが取れるような別の位置に新しくピアスホールを開けることが可能です。アレルギーの場合は炎症が治まってから、しこりがある場合はしこりを避けてピアスホールを開けます。

なお、ケロイドができてしまった場合はピアスホールを新しく作ることは難しいでしょう。

ピアスが原因でできてしまった傷跡の修正やピアスの穴閉じにも対応していますか?

はい。対応しています。

ピアスホールが裂けることでできる裂傷や、大きすぎるピアスホールを閉じたいというご要望は少なくありません。また、不要になったピアスホールを塞ぎたいという方もいらっしゃいます。

耳たぶが裂けてしまった場合は耳垂裂手術(耳垂形成)で修正します。この方法は瘢痕化(はんこんか)した部分を切除してから縫合を行います。ただ単に皮膚を引き寄せて縫合すると引き連れができてしまう恐れがあるため、W型、Z型に切除してから形成外科的に埋没縫合し、耳たぶの形を整えます。

ピアスホールを閉じるときも、できるだけ耳たぶの輪郭が不自然にならなよう、傷の向きを考慮して配合します。 ピアスの傷跡にお悩みの方は一度、カウンセリングにお越しください。

監修医師 杉江善哉 広島中央クリニック

監修医師 杉江善哉 広島中央クリニック院長

  • 平成4年 東京慈恵医科大学卒業
  • 平成4年~平成5年 東京慈恵会医科大学付属病院  勤務
  • 平成5年~平成17年 大手美容外科勤務
  • 平成18年~ 広島中央クリニック 院長に就任
  • 平成24年 日本美容外科学会美容外科専門医

私たち広島中央クリニックでは、「痛くない」「怖くない」「恥ずかしくない」治療を目指し、様々な 取り組みを行っています。患者様が満足する施術結果を残すことはもはや当然のことであり、むしろ、当院のドアをくぐったとき から退院までのプロセスで、いかに患者様の不安を解消し、安心して新しい自分と向き合うことがで きるかを常に考えた治療・カウンセリングを行うことが重要であると私たちは考えているのです。

Contact

まずは、無料カウンセリングで最適な治療法をご確認ください。

【お電話でのご予約・お問い合せ】

0120-955-935

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

中央クリニックグループ
  • 中央クリニックグループ外観4
  • 中央クリニックグループ外観1
  • 中央クリニックグループ外観3
中央クリニックグループについて
全国のみなさまの悩みに寄り添い30年以上
MAKE HAPPY AND BEAUTIFUL

全国19院、みなさまに愛され続けて30年以の中央クリニックでは経験豊富な医師のみが治療を行います。カウンセリングから治療、アフターフォローまで一人の医師が責任をもって担当いたしますので、ご安心ください。 料金は表示料金以外、一切かかりません。また、転居をされた場合も全国の中央クリニックでアフターケアを受けていただくことが可能です。