医療痩身(脂肪吸引・メソセラピー等)

通話無料
スマホOK
土日もOK

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

0120-955-935

女性にとって永遠のテーマとも言えるダイエット。巷には様々なダイエット方法やダイエットサポート食品などが出回っていますが、満足のいく結果が得られないとお悩みの方が多いのではないでしょうか。

美しく痩せるためには食事制限、運動、毎日の習慣など様々な側面から生活を見直す必要があります。一方で、長く継続することが難しいということは皆さんもよくご存知でしょう。

セルフダイエットの効果に限界を感じている方にご紹介したいのが「医療痩身」です。医療痩身とは医学的根拠に基づいた痩身術で、ダイエット治療として認知が高い脂肪吸引だけでなく、注射や医療機器を使用して脂肪を溶解する方法、脂肪の吸収を制限する内服薬といった比較的体への負担が少ない方法まで様々な選択肢があります。

医療痩身では全体的に体重を落としたいという方はもちろん、二の腕やウエスト、太ももなど気になる部分だけを細くしてメリハリのあるボディラインを手に入れることも可能です。

広島中央クリニックの医療痩身でリバウンドしない憧れのボディを手に入れてみませんか?

広島中央クリニックの医療痩身の特徴

当院では患者様のご希望をお伺いし、体質、ライフスタイルなどに合わせてお一人おひとりに合ったダイエットプログラムをご提案します。

例えば、運動の習慣はあるけれどステーキや揚げ物など脂っこい食事がなかなかやめられないという方には脂肪の吸収を制限できる内服薬を。また、バストを落とさずにウエストだけを細くしたいという方には脂肪溶解効果のある注射などをお勧めしています。もちろん、一度の治療で頑固な脂肪を落としたいのであれば、脂肪吸引も可能です。

また、ご希望のダイエット期間をお伺いし治療を計画することもできます。結婚式までに腕とウエストを細くしたいといったご要望にも、対応可能です。

まずは、気になる部分やいつまでにどのくらい細くなりたいかといったご希望を無料カウンセリングにてお聞かせください。医師があなたに合ったオーダーメイドのプランをご用意させていただきます。

医療痩身治療の種類

医療痩身治療は、いくつかの種類があります。当院では体への負担が少ない順に以下の3種類をご用意しています。

  • メディカルダイエット(お薬の服用)
  • 注射による痩身治療
  • オペによる痩身治療(脂肪吸引)

理想の体重まであと数キロだけれど、体重が減らないという場合なら、まずメディカルダイエット試してみてもいいでしょう。その上で部分的に細くしたい場所があれば注射治療を併用すれば、より高いダイエット効果が期待できます。一度の治療で確実な結果を求めたいという方には、やはり脂肪吸引がベストな選択肢と言えるでしょう。

また、これらの治療を組み合わせることで、より理想に近いボディラインを目指すことも可能です。

メディカルダイエット(お薬の服用)

メディカルダイエットでは、医学的根拠に基づいた痩身効果のある内服薬を処方します。 ダイエットの敵とされる脂質ですが、これらは体にとって必要な栄養素でもあるため、完全にカットしてしまうと健康に影響を与える恐れがあります。また、食べたいものを我慢するダイエットは長続きしませんよね。

メディカルダイエットでは摂取した成分を体内で吸収する前に排出する効果のあるお薬を内服することで、脂質の摂取を制限できるため、無理なくダイエットを続けることが可能です。

ゼニガル(脂肪吸収を制限するダイエット内服薬)

ゼニカルは食事に含まれる脂肪の吸収を抑制するお薬。アメリカの FDA に認可されている安全性の高い医薬品で、高度肥満症の治療に使用されることもあります。

脂肪は体内に入るとまずリパーゼという酵素によって分解されて、体に吸収されていきます。ゼニカルはリパーゼの働きをブロックすることで、脂肪の分解を阻害。これによって、食事に含まれる脂肪の約30%が吸収されずに便などと一緒に排出されます。

ダイエット中は脂質を摂りすぎないようにする必要がありますが、食べたいものを我慢するだけのダイエットは長続きしません。「たまにはこってりしたものが食べたい!」というときにも、脂肪の吸収を大幅にカットしてくれるゼニカルを飲んでおけば無理なくダイエットを長続きさせることができます。また、ゼニカルは外食やイベントなど、どうしても食べなければならない機会にも役立ってくれるでしょう。

なお、ゼニカルは患者様の体重、体質などによって服用量を細かくアドバイスさせていただきます。インターネット上でゼニカルやゼニカルのジェネリックと称する製品が販売されていることがありますが、ゼニカルは医師の指導の下、服用するべき医薬品です。健康に影響を与える恐れもあるため、必ず医療機関で処方してもらうようにしてください。

  • 服用方法

    食前または食後の30分以内に1カプセル。医師の指示によって、1日3回まで服用可能です。体質によって、お通じがゆるくなる、まれに腹痛や下痢などの症状が現れることがありますが、体に与える大きな副作用は報告されていません。排便の際に脂が浮くことがあります。

  • 服用できない方

    妊娠中、授乳中の方

メソセラピー

メソセラピーとは注射による治療の総称。痩身治療としては脂肪溶解注射、BNLS、ボトックスなどがあげられます。

メソセラピーによる痩身治療には、注射によって薬剤を投与することでダイレクトに脂肪溶解させる治療や、食事制限や運動などではサイズダウンしにくいパーツの部分痩せができる治療などがあります。

痛みも少なくダウンタイムがほとんどないことから、人気のある治療方法です。手術が怖いという方にもおすすめできます。

脂肪溶解注射

「お尻や太もものセルライトを改善したい」<
「お腹まわりにたっぷりついた脂肪を減らしたい」

このようなピンポイントのお悩みがある方に検討していただきたいのが脂肪溶解注射です。

脂肪溶解注射は細胞を分解する成分をダイレクトに気になる部分に注射することで、脂肪を乳化させ便や尿として排出されやすい状態にします。

脂肪溶解注射の成分と作用

脂肪溶解注射の主成分はフォスファチジルコリン、L-カルニチン、αリポ酸の3つです。この3成分がもつ役割を簡単に説明しましょう。

フォスファチジルコリンは脂肪肝や高脂血症、アルコール性肝炎などの治療にも用いられている大豆由来の成分です。コレステロールを溶かす作用があり、生活習慣の予防効果も期待できます。

フォスファチジルコリンは、まず脂肪細胞から脂肪酸を遊離させます。続いて、L-カルニチンが遊離された脂肪酸をエネルギーを作り出す細胞器官である「ミトコンドリア」へ搬出。脂肪をエネルギーとして燃焼させやすくします。そして、このミトコンドリアの働きをサポートするのがダイエットサプリとしても知られているαリポ酸です。このように、3つの成分が効率的に作用することで、脂肪燃焼を促し痩身効果を発揮します。

脂肪溶解注射はセルライトの解消にも有効です。脂肪細胞の大きさを小さくするため、リバウンドも起こりにくく太りにくい体質に近づきます。治療は10分程度、体への負担が少ない治療方法です。

小顔注射(BNLS)

ダイエットでは難しい顔痩せを実現してくれるのが、お顔専用の脂肪溶解注射BNLSです。BNLSは以下7つの植物由来の成分でデリケートなお顔の脂肪溶解・排出を促進。シャープなフェイスラインを実現します。

  • チロシン:代謝促進作用
  • ヒバマタ(海藻):脂肪分解作用
  • アデノシン三リン酸:血管拡張、血管再生促進
  • セイヨウトチノキ(マロニエ):抗炎症、むくみの減少作用
  • ペルシャグルミ(くるみ):血液循環、血管保護作用
  • オキナグサ:抗炎症、創傷治癒作用、肌再生作用
  • カラクサケマン:抗炎症、創傷治癒作用、肌再生作用

脂肪を分解する成分だけではなく、血流、リンパの流れをする成分を配合することで脂肪をスピーディーに排出させます。また、 抗炎症、創傷治癒効果のある成分が含まれているため、治療後の熱感や腫れが少ないというのも大きなメリットのひとつでしょう。

また、細い針で注射するBNLSは痛みも少なく内出血が起こりにくい治療方法です。ダウンタイムが取れないという方や迅速な小顔効果を求める方に適しています。

ボツリヌストキシン注射(ボトックス注射)

長年、運動をしていた方の中には、それほど脂肪がついていないのに筋肉によってふくらはぎや二の腕、太ももなどが太く見えているという方がいらっしゃいます。また、立ち仕事によってふくらはぎの筋肉が発達し、脚のラインがたくましく見えてしまうという方も。このような方におすすめしたいのがボツリヌストキシン注射(ボトックス注射)です。

ボトックス注射には一時的な筋肉麻痺を起こし、筋肉の働きを抑える作用があります。筋肉は使わないでいると徐々に退化して細くなる性質があるため、注射をすることで徐々に脚や腕のラインがほっそりしてくるのです。

筋肉の付き具合によって満足のいく結果が出るまでの期間や必要な治療回数は個人差がありますが、3ヶ月程度で細くなる効果を実感できます。1回のボトックス治療の効果持続は6か月程度。日常生活を送る上での支障はまったくありませんので、ご安心ください。

脂肪吸引

脂肪吸引は、気になる部分の皮下脂肪を専用の医療機器を使って吸引する治療方法です。細い吸引管(カニューレ)を使って脂肪を吸引し、物理的に脂肪細胞の数を減らすことができるため、1回の治療で目に見える結果を出すことができます。リバウンドを起こしたくないという方、運動や食事制限が苦手という方にも適しています。

脂肪吸引で重要なポイントのひとつは、どこからどのくらい脂肪を吸引するかという点です。むやみに脂肪を減らすのではなく、ボディラインメイキングを行うように美しく自然でバランスの取れたラインを作りだす必要があります。

治療では、まず目立たない箇所を3㎜ほど切開し、そこから脂肪を柔らかくする作用のあるチュームセント液を注入します。その後、カニューレを使って繊細に脂肪を吸引していきます。ドクターによっては切開部分に傷跡が残ってしまうことがありますが、広島中央クリニックではキレイに仕上げることまでが治療と考えております。しわに沿って切開をしたり、Vゾーンのアンダーヘアのある部分に切開口を作るなどして、傷跡がより目立たなくなるよう配慮して脂肪吸引を行っておりますので、ご安心ください。

脂肪吸引は美容外科の施術の中でも、特に執刀医の技術と豊富な経験、洗練された美的センスが要求される難易度の高い治療です。

最近では価格差をつけた脂肪吸引の治療メニューをいくつも用意し、あたかも結果や仕上がりに差があるように見せているクリニックが見受けられます。しかし、高い技術と豊富な経験、脂肪吸引に関する幅広い知見のあるクリニックであれば、従来の方法でコストを抑えつつ、美しくご満足いただける結果をご提供することが可能なのです。脂肪吸引術の種類について疑問をお持ちの方は、是非、当院の無料カウンセリングにお越しください。詳しくご説明させていただきます。

脂肪吸引の治療時間は部位によって異なり、30~120分程度で終了します。日帰りで治療を受けていただくことが可能です。

施術の流れ

STEP1お電話・メールでご予約

お電話またはメールでカウンセリングのご予約をお願いいたします。
当院は完全予約制となっており、プライバシー厳守により待合室も仕切られているので、
他の患者さまと顔を合わせないように配慮しております。

STEP2カウンセリング・診察

患者さまのご要望やお悩みをカウンセラーがお伺いいたします。また、院長が患者さまの施術内容について、しっかりと納得していただけるまで丁寧にご説明します。
美容医療について間違った知識をお持ちの方も多い為、 医療機関である当院での治療について丁寧にご説明いたします。

STEP3費用のご案内・お支払い手続き

院長の診断結果と申し送り内容に基づきカウンセラーが施術内容や費用等を詳しくご説明します。
現金の他、クレジットカードや分割払い(医療ローン)でのお支払いも承っています。

STEP4施術

最新の医療機器が整った完全個室の施術室で、院長・看護師が施術をいたします。
手術室は、衛生管理や安全面に細心の注意を行っています。

STEP5アフターケア

施術後には、治療後の過ごし方やアフターケアについてご案内いたします。
ご不安なことがあれば、いつでもご相談や診察を承ります。

治療の費用

メディカルダイエット
ゼニカル 8,400
メソセラピー
BNLS(最小単位) 12,000
BNLS(頬) 12,000
BNLS(二の腕) 12,000
脂肪溶解注射(最小単位) 20,000
脂肪溶解注射 20,000
痩身マシーン
ファットインパクト 10,000
脂肪吸引
150,000
二の腕 150,000
二の腕付根 150,000
上腹 150,000
下腹 150,000
ウエスト 150,000
150,000
臀部 150,000
大腿全体 600,000
大腿外側 150,000
大腿内側 150,000
大腿前 150,000
大腿後 150,000
麻酔
全身麻酔 100,000
リラックス麻酔 50,000
クリーム麻酔 2,000
テープ麻酔 2,000

※表示の料金はすべて税別です。

医療痩身に関するよくある質問

施術中と施術後の痛みはありますか?

治療内容により異なります。

注射などはチクッとする程度ですが、無痛治療というわけではありません。また、必要に応じて麻酔を使用しています。痛みに弱い方は事前にお知らせください。
脂肪吸引の場合、治療後には痛み止めを処方いたします。強い痛みを感じた場合は我慢なさらず鎮痛剤を内服いただくことで、日常生活に影響が出ることはほとんどないでしょう。

施術を受けても、元に戻ってしまうことはあるのでしょうか?

原則としてリバウンドは起こりません。

例えば脂肪溶解注射やBNLSは、脂肪細胞の大きさを小さくし、脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らすことができます。脂肪細胞の数はいったん減ると増えるということがないので、再び太ってしまう心配はありません。ただし、極端な暴飲暴食をすると残った脂肪細胞が大きくなって太る可能性が考えられます。

食事の量を減らすのが難しい、食事制限ができないという方には治療後に内服薬を処方するなどして太りにくい生活を送る上でのアドバイスをさせていただいております。不安な点のある方はカウンセリングの際に医師にご相談ください。

施術後、すぐに日常生活を送ることができますか?

脂肪吸引以外の治療方法では、日常生活に影響はありません。

ただし、一部の治療では腫れを防ぐために治療当日はシャワーだけで済ませていただくなど一部生活に制限をお願いするケースもあります。と言ってもお仕事を休んでいただいたり、安静にしていただくような必要はないでしょう。

脂肪吸引では術後、抜糸を行うまで運動は避ける、傷を濡らさないようにするなどご注意いただく点がいくつかあります。事前のカウンセリングにて詳しくお話しいたしますので、不安な点や疑問に思われた点があればご遠慮なくご相談ください。

脂肪溶解注射に副作用はありますか?

一時的な内出血や腫れが起こることがあります。

注射による治療であるため、治療後赤みや腫れむくみなどが起こることがありますが、ほとんどの場合、当日中に症状は消失します。一方で内出血は5~7日程度長引くことがありますが、時間の経過とともに改善します。体に影響が出るような重い副作用は報告されておりませんのでご安心ください。

周囲にバレないように少しずつ痩せたいのですが、可能ですか?

可能な治療もございます。

脂肪吸引では術後、一定期間、圧迫固定する必要があり一度の治療で脂肪を大幅に減らすことができるため、周りに気づかれる可能性があります。

その他の治療は徐々に効果が現れるため、周りの人に気づかれる心配もないでしょう。通常のダイエットと同じような感覚で治療を受けていただくことができます。

監修医師 杉江善哉 広島中央クリニック

監修医師 杉江善哉
広島中央クリニック院長

  • 平成4年 東京慈恵医科大学卒業
  • 平成4年~平成5年 東京慈恵会医科大学付属病院  勤務
  • 平成5年~平成17年 大手美容外科勤務
  • 平成18年~ 広島中央クリニック 院長に就任
  • 平成24年 日本美容外科学会美容外科専門医

私たち広島中央クリニックでは、「痛くない」「怖くない」「恥ずかしくない」治療を目指し、様々な 取り組みを行っています。患者様が満足する施術結果を残すことはもはや当然のことであり、むしろ、当院のドアをくぐったとき から退院までのプロセスで、いかに患者様の不安を解消し、安心して新しい自分と向き合うことがで きるかを常に考えた治療・カウンセリングを行うことが重要であると私たちは考えているのです。

Contact

まずは、無料カウンセリングで最適な治療法をご確認ください。

【お電話でのご予約・お問い合せ】

0120-955-935

受付時間 9:30~20:00(日祝のみ 9:30~18:00)

中央クリニックグループ
  • 中央クリニックグループ外観4
  • 中央クリニックグループ外観1
  • 中央クリニックグループ外観3
中央クリニックグループについて
全国のみなさまの悩みに寄り添い30年以上
MAKE HAPPY AND BEAUTIFUL

全国19院、みなさまに愛され続けて30年以の中央クリニックでは経験豊富な医師のみが治療を行います。カウンセリングから治療、アフターフォローまで一人の医師が責任をもって担当いたしますので、ご安心ください。 料金は表示料金以外、一切かかりません。また、転居をされた場合も全国の中央クリニックでアフターケアを受けていただくことが可能です。